北朝鮮の朝鮮中央通信は16日、退任を控えたオバマ米大統領が「全面破たんに瀕した対朝鮮敵視政策を抱えてやっきになっている」と非難する論評を配信した。

論評は、「去る11日、オバマ一味はまたもやわれわれの『人権問題』に関連する国務省の『第2次報告書』とそれに伴う財務省の措置としてわが国の個人7人と二つの機関を追加制裁の対象に指定した」と指摘。

これに対して、「単に共和国のイメージをダウンさせるためのもので、生きつくした連中の断末魔のもがきにすぎない。米国がわれわれとの長きにわたる政治的・軍事的対決において、現在のように大惨敗、大恥をかいたことはかつてなかった」と主張した。

また、「われわれは、核弾頭の多種化、小型化、標準化、規格化と共にその適用手段の多種化、多様化を実現することによって、侵略者を無慈悲に掃滅することのできる軍事的能力を完全無欠に備え、国の戦略的地位を最上の境地に引き上げた」と強調した

そのうえで、「腹にすえかねたオバマ一味が内弁慶の八つ当たりということわざ同様に振る舞っているのがまさに、われわれに対する『人権』騒動なのである」とオバマ氏を非難した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

生きつくした連中の断末魔のあがき 朝鮮中央通信社論評

【平壌1月16日発朝鮮中央通信】米国のオバマ一味がホワイトハウスを去る日を目前にしている時刻にさえ、全面破たんに瀕した対朝鮮敵視政策を抱えてやっきになっている。

去る11日、オバマ一味はまたもやわれわれの「人権問題」に関連する国務省の「第2次報告書」とそれに伴う財務省の措置としてわが国の個人7人と二つの機関を追加制裁の対象に指定した。

米国入国および米国人との取引禁止、米国内の資産凍結などの笑止千万な内容で一貫しているオバマ行政府の追加制裁の発表は現朝米関係の状況から見る時、単に共和国のイメージをダウンさせるためのもので、生きつくした連中の断末魔のもがきにすぎない。

米国がわれわれとの長きにわたる政治的・軍事的対決において、現在のように大惨敗、大恥をかいたことはかつてなかった。

オバマ行政府は、われわれを核保有へ進ませたブッシュ行政府の轍から教訓をくみ取る代わりに、対朝鮮敵視政策を追求して、史上最大の核脅威・恐喝と超強度制裁・圧迫騒動にしつこく執着してきた。

時間が経てばわれわれが屈し、時になれば「北朝鮮崩壊」の実を味わえるという妄想をした。

しかし、結果は全部米国の想像をひっくり返すおびただしいものであり、破局的なものであった。

わが共和国は、米国の極端な対朝鮮敵視策動に経済建設と核戦力建設の並進路線を法化することで応え、その実行に総力を傾けた。

われわれは、核弾頭の多種化、小型化、標準化、規格化と共にその適用手段の多種化、多様化を実現することによって、侵略者を無慈悲に掃滅することのできる軍事的能力を完全無欠に備え、国の戦略的地位を最上の境地に引き上げた。

千万軍民の一心団結と偉大な自強力によって敵対勢力の制裁騒動を粉砕し、社会主義強国建設の各部門で奇跡的勝利を収めることによって、チュチェ朝鮮の強大さを再度世界に誇示した。

こんにちになって、米国の対朝鮮核先制打撃脅威と脅迫、極悪非道な制裁・圧迫戦略は反対に、本土の安全を脅かす禍の種となってしまった。

否定できない戦略的敗北という現実の前でオバマ一味は、極度の不安の中で安心して眠れないうえに世論の非難まで受ける境遇に瀕した。

腹にすえかねたオマバ一味が内弁慶の八つ当たりということわざ同様に振る舞っているのがまさに、われわれに対する「人権」騒動なのである。

われわれの尊厳あるイメージをなんとしても傷つけることで自分らの惨敗を挽回し、叩かれる境遇からも脱してみようとしているのである。

世界最悪の人権蹂躙(じゅうりん)国、人権不毛の地である米国はもとより、誰それの「人権」に対して論議する資格さえない。

オバマは、誰それの「人権問題」に言い掛かりをつけて時間を無駄にせず、ホワイトハウスで荷造りする準備を着実にしながら、任期の期間に米国の人権状況を最悪の状態に作り、数多くの米国人と世界の人々に苦痛と不幸を被らせた自分の罪でも懺悔(ざんげ)する方がよかろう。

われわれは、誰が何と言ってもチュチェの人民観、人民哲学の最高の精華である人民大衆第一主義が徹底的に具現されている朝鮮式社会主義を最後まで守り抜くであろう。

    関連記事