社説は、朝鮮の一心団結は白頭山の行軍路を揺るぎなく継いでいけるようにする力強い原動力であり、反帝対決戦、社会主義防衛戦で百勝を収められるようにする強力で威力ある霊剣であると明らかにした。

社説は、次のように指摘した。

われわれの一心団結は、指導者と軍民が思想と志、運命と未来をあくまで共にする思想的純潔体、組織的全一体、行動の統一体であり、いかなる力によっても砕けない無敵の城塞である。

    関連記事