北朝鮮の金正恩党委員長が「柳京キムチ工場」を現地指導した。日時は不明。朝鮮中央通信が12日、報じた。

「柳京キムチ工場」を現地指導した金正恩氏(2017年1月12日付労働新聞より)
「柳京キムチ工場」を現地指導した金正恩氏(2017年1月12日付労働新聞より)

同通信によると、柳京キムチ工場は北朝鮮のキムチ工場のモデルだという。

金正恩氏は工場を見て回りながら、「キムチの生産を工業化するために生産の手配と経営活動、品質管理の情報化、科学化を高い水準で実現できるように統合生産システムを立派に構築しておいた」と述べた。

「柳京キムチ工場」を現地指導した金正恩氏(2017年1月12日付労働新聞より)
「柳京キムチ工場」を現地指導した金正恩氏(2017年1月12日付労働新聞より)

また、製品見本室に陳列された結球白菜キムチ、白キムチ、チョンガー(※チョンガク)キムチ、子ども栄養キムチ、カクトゥギなどのキムチを見ながら「品種が本当に多い、商標のデザインもすばらしく、包装も立派だ」と述べた。

さらに、「工場の幹部と従業員は、民族伝統料理であり、世界の5大健康食品として有名になったキムチを世界有数の食品に堂々と誇られるように生産すべきだ」と述べながら、「朝鮮労働党の意図に合わせてキムチ生産の工業化、科学化が完璧に実現された柳京キムチ工場をモデル、標準にして各道にも近代的なキムチ工場を建設すべきだ」と強調した。

現地指導には呉秀容(オ・スヨン)、安正秀(アン・ジョンス)、趙甬元(チョ・ヨンウォン)、シン・マンギュンの各氏が同行した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

金正恩元帥が柳京キムチ工場を現地指導

【平壌1月12日発朝鮮中央通信】朝鮮労働党委員長、共和国国務委員会委員長、朝鮮人民軍最高司令官である党・国家・軍隊の最高指導者金正恩元帥が、朝鮮のキムチ工場のモデル、標準に転変した柳京キムチ工場を現地で指導した。

金正恩元帥は、工場の各所を見て回りながら生産工程および設備の技術的特性、製品の品種と質について具体的に調べた。

元帥は、キムチの生産を工業化するために生産の手配と経営活動、品質管理の情報化、科学化を高い水準で実現できるように統合生産システムを立派に構築しておいたと述べた。

製品見本室に結球白菜キムチ、ソクバクキムチ(白菜や大根を切って漬けたキムチ)、白キムチ、チョンガーキムチ、子ども栄養キムチ、豆モヤシキムチ、キュウリキムチ、カクトゥギ(大根の角切り漬け、キムチの一種)、大根漬物、キノコ漬物などを陳列しておいたが品種が本当に多い、商標のデザインもすばらしく、包装も立派だと述べた。

元帥は、わずか半年間に柳京キムチ工場が昨年の姿を見られないように完全に変わった、オートメ化、ストリームライン化が驚くほど完璧(ぺき)に実現された世界に誇るに足る近代的な工場をわれわれの力と技術でもう一つ建てたと大きな満足の意を表した。

工場の幹部と従業員は、民族伝統料理であり、世界の5大健康食品として有名になったキムチを世界有数の食品に堂々と誇られるように生産すべきだと述べた。

人民の生活向上に切実に必要な製品が量産されることで新年の初の大門が開かれたとし、軽工業部門で起こっている誇らしい成果を通じて人民はすべてが裕福で、文化的な朝鮮式社会主義に対する必勝の信念と楽観をいっそう深く刻み付けるようになる、今年を軽工業部門の工場、企業が奇跡からさらなる奇跡を生み出す年になるようにしようと語った。

朝鮮労働党の意図に合わせてキムチ生産の工業化、科学化が完璧に実現された柳京キムチ工場をモデル、標準にして各道にも近代的なキムチ工場を建設すべきだと強調した。

金正恩元帥は、柳京キムチ工場の幹部と従業員が自分に課された本分を全うしていくことによって人民の食生活向上に積極的に寄与するとの期待と確信を表明し、彼らと共に記念写真を撮った。

朝鮮労働党中央委員会の呉秀容副委員長、安正秀部長、趙甬元、シン・マンギュンの両副部長が同行した。

    関連記事