新年を迎えた北朝鮮では、金正恩党委員長の新年の辞を学習する集まりや、その課題の貫徹を誓う政治集会が各地で開かれている。同時に「堆肥戦闘」、つまり「人糞集め」の大キャンペーンが繰り広げられている。

6日の労働新聞は、黄海南道(ファンヘナムド)、両江道(リャンガンド)、平安北道(ピョンアンブクト)など全国各地で、イルクン、労働党員、一般労働者が、都市で集めた人糞で堆肥を生産し、協同農場に送ったと大きく報じている。

(関連記事:北朝鮮各地で堆肥生産が活発に行われる

しかし、勇ましい報道とは異なり、人糞集めは誰も積極的にやろうとしない。地域や時期によって異なるが、1人あたり1トンから3トンもの人糞を集めることを要求され、達成できない場合は厳しく批判される。