北朝鮮の金正恩党委員長は1日、今年の施政方針に当たる「新年の辞」を発表した。朝鮮中央通信が配信した全文は次のとおり。

金正恩元帥が行った新年の辞

【平壌1月1日発朝鮮中央通信】最高指導者金正恩元帥が、新年2017年を迎えて新年の辞を行った。 その全文は、次のとおり。

親愛なる同志のみなさん!

われわれは、チュチェの革命史にいまだかつてなかった偉大な繁栄の新しい歴史を創造し、一日一日を激動の闘争の日々として輝かせた2016年を送り、2017年の新春を迎えました。

私は、偉大な人民がもたらした誇るべき奇跡の偉大な1年を誇り高く振り返る意義深いこの場を借りて、党と思想も志も意志もともにして喜びも苦痛も分かち合い、生死をともにし、歴史に類を見ない幾多の試練を笑顔で乗り越えてきたすべての朝鮮人民に最も厳かな心を込めて熱い挨拶を送るとともに、希望に満ちた新年の栄光と祝福を送ります。

私はまた、南の同胞と海外同胞、そして自主と正義を志向する世界の進歩的人民と友人たちに温かい挨拶を送ります。

2016年は、わが党と祖国の歴史に特筆すべき革命的慶事の年、偉大な転換の年でした。

昨年、すべての党員と人民軍将兵、人民の高い革命的熱意と世界の大きな関心の下に、朝鮮労働党第7回大会が大政治祝典として意義深く、盛大に行われました。

第7回党大会は、金日成(キム・イルソン)同志と金正日(キム・ジョンイル)同志の賢明な指導の下にチュチェの革命偉業を百戦百勝の道に前進させてきたわが党の栄えある闘争史を誇り高く総括し、金日成・金正日主義の旗印の下に社会主義偉業を完成するための雄大な青写真を示しました。歴史的な第7回党大会を通じて、党に従って永遠にチュチェの道を進もうとするわが軍隊と人民の鉄石の意志が誇示され、朝鮮革命の万代の礎が確固と築かれました。朝鮮労働党第7回大会は、偉大な金日成・金正日主義党の不敗の威力を示威した勝利者の大会、チュチェの革命偉業遂行において新たな里程標を立てた栄光の大会として祖国の歴史に末長く輝くことでしょう。

昨年、チュチェ朝鮮の国防力を強化する上で画期的転換がもたらされ、わが祖国はいかなる強敵もあえて手出しをすることのできないアジアの核強国、軍事強国として浮上しました。

帝国主義者の日増しに悪らつになる核戦争の脅威に対処したわれわれの初の水爆実験とさまざまな攻撃手段の試験発射、核弾頭爆発実験が成功裏に行われ、先端武力装備の開発が活発化し、大陸間弾道ロケット試験発射準備が最終段階に入ったことをはじめ、国防力強化のための驚異的な出来事が相次いで連続して起きたことによって、祖国と民族の運命を守り、社会主義強国建設の偉業を勝利に向けて前進させていくことのできる強力な軍事的保証がもたらされました。勇敢な人民軍は、敵の無分別な侵略と戦争挑発策動を断固粉砕して祖国の安全と革命の獲得物を固守し、無敵強兵の政治的・思想的面貌と軍事技術的準備をより完璧に備えました。国防分野における輝かしい成果は、朝鮮人民に大きな民族的誇りと鼓舞的力を与え、帝国主義者と反動勢力を恥ずべき破滅の道に追い込み、共和国の戦略的地位を一段と高めました。

昨年われわれは、第7回党大会を輝かすための「70日間戦闘」と「200日間戦闘」で誇るべき勝利の砲声を高く響かせました。

「70日間戦闘」と「200日間戦闘」は、敵の悪らつな反共和国孤立・圧殺策動を徹底的に粉砕し、社会主義強国建設のすべての部門で画期的局面を切り開いた全民決戦、マンリマ(万里馬)の新時代を誕生させた壮大な創造大戦でした。

金日成・金正日労働者階級と全人民の英雄的な闘争によって、党が打ち出した「70日間戦闘」と「200日間戦闘」の膨大な目標が立派に遂行され、国の経済発展において新たな突破口が開かれました。

英知に富み、才能豊かなわが国の科学者、技術者は、地球観測衛星「光明星(クァンミョンソン)-4」号を成功裏に打ち上げ、ついで新型の静止衛星運搬ロケット用大出力エンジンの地上噴出試験を成功させることによって、宇宙征服への道を大きく開きました。朝鮮式の無人化されたモデル生産システムを確立し、農業生産で凱歌を上げることのできる多収穫品種を育種したことをはじめ、国の経済発展と人民生活の向上において重要な意義を持つ誇るべき科学技術上の成果を次々と上げました。電力、石炭、金属、化学、建材工業と鉄道運輸をはじめ人民経済の重要部門で生産と輸送の戦闘目標を遂行して自立経済の潜在力を誇示し、社会主義経済強国の建設を力強く促進しました。数多くの工場、企業と協同農場が最高生産年度の水準を上回るという誇るべき成果を収め、人民軍が先頭に立って黄金の海の歴史を輝かせ、重要対象建設現場で神話的な建設速度が創造され、教育や保健医療、スポーツ部門でも立派な成果が収められました。思いがけない自然災害によって大きな被害を受けた咸鏡(ハムギョン)北道地区の被害復旧戦闘でも、党の呼びかけに応えて全国が立ち上がり、短期間に奇跡的勝利をもたらしました。

「70日間戦闘」と「200日間戦闘」期間に、われわれは社会主義強国建設のための新しい時代精神を創造し、人民の心の中には党に対する信頼、社会主義に対する信念がより深く植えつけられました。全国がるつぼと化した昨年の連続的な徹夜進軍において、すべての党員と勤労者、軍人と青年は、苦難と試練に勇敢に立ち向かう不屈の攻撃精神と、いかなる逆境にあっても党の呼び掛けにただ献身と実践をもって応える決死貫徹の気概、互いに助け導き合いながら飛躍を遂げる集団主義の威力を余すところなく発揮しました。

昨年われわれが革命と建設の各分野でめざましい成果を収めることができたのは、決して条件がよかったからではなく、天がもたらした偶然でもありません。これらの奇跡と勝利をもたらした神秘な力は、ほかならぬ千万軍民の一心団結、偉大な自強力です。敵の妨害策動が悪らつさを増し、厳しい困難が重なるほど、全軍、全人民が党の周りに一層固く団結し、自力更生、刻苦奮闘の革命精神を発揮して闘ったがゆえに、あのように困難な条件下でも世人を驚嘆させる奇跡を生み出すことができたのです。一心団結こそはチュチェ朝鮮の生命であり、飛躍の原動力であり、われわれが進むべき唯一の道は自力自強の道だということ、まさにこれが2016年の壮大な闘争の過程でわが軍隊と人民が実践を通じて証明したチュチェ革命の貴い真理です。

私は、革命の最後の勝利を確信し、社会主義強国の建設に愛国衷情の血と汗を惜しみなく捧げて多事多難の昨年を誇るべき偉勲によって輝かせたすべての人民軍将兵と人民に重ねて熱い感謝を送ります。

同志のみなさん!

われわれは、より大きな勝利をもたらすための新年の行軍路に今一度立たなければなりません。

勝利により大きな勝利を重ね、革命の全盛期を大繁栄期につないでいくのは、金日成同志と金正日同志の指導の下に育ったわが軍隊と人民の思想的・精神的特質であり闘争気風です。われわれは、奇跡の2016年の1年を通じて一段と高揚した革命的気勢をさらに高めて、意義深い今年、第7回党大会の決定貫徹で画期的な前進を遂げることによって、人民の理想と夢をこの地に輝かしい現実として開花させなければなりません。

国家経済発展5カ年戦略の遂行に総力を集中すべきです。

今年は、国家経済発展5カ年戦略の遂行において重要な意義をもつ年です。昨年に収めた勝利を打ち固めながら5カ年戦略遂行の確固たる展望を開き、国の経済全般をより高い段階に引き上げるためには、今年の戦闘目標を必ず遂行しなければなりません。

「自力自強の偉大な原動力によって社会主義の勝利の前進を早めよう!」、これが新年の行軍路でわれわれが掲げていくべき戦闘的スローガンです。われわれは、自力自強の威力によって5カ年戦略の目標を達成するための全民総突撃戦を力強く繰り広げなければなりません。

自力自強の威力はすなわち科学技術の威力であり、科学技術を重視し、優先させるところに5カ年戦略遂行の近道があります。

科学技術部門では原料と燃料、設備の国産化に重点を置き、工場、企業の近代化と生産の正常化で提起される科学技術上の問題を解決することに力を注ぐべきです。生産単位と科学研究機関との協同を強化し、企業体がおのおのの技術開発陣をしっかり整え、集団的技術革新運動を活発に繰り広げて、生産の拡大と経営・管理の改善に寄与する価値ある科学技術成果によって経済の発展を促すべきです。

経済戦略目標を遂行するための闘いで、電力と金属、化学工業部門が旗印を掲げるべきです。

電力工業部門では発電設備と構造物の補修を入念に行い、技術改造を推し進めて電力生産計画を必ず遂行しなければなりません。国家統合電力管理システムを着実に運営し、時差交替生産の手配を綿密に行って、電力の生産と消費の均衡を図り、多様な動力資源を開発して新たな発電能力を大々的に造成すべきです。

金属工業部門では先進技術を取り入れて鉄の生産コストを下げ、主体化された生産工程の運営を正常化して鉄鋼材をより多く生産しなければなりません。国家的に金策(キムチェク)製鉄連合企業所と黄海(ファンヘ)製鉄連合企業所をはじめ、金属工場に対する原料と燃料、動力保障対策を徹底的に立てなければなりません。

化学工業は工業の基礎であり、経済の自立性を強化し人民生活を向上させる上で重要な役割を果たします。化学工業部門では、2・8ビナロン連合企業所の生産を活性化し、重要化学工場の能力を拡張し、技術工程を朝鮮式に改造して、各種化学製品の生産を増大させるべきです。C1化学工業を創設することに力を入れ、段階別課題をそのつど円滑に遂行しなければなりません。

石炭工業と鉄道運輸部門では発電所と金属・化学工場の石炭と輸送の需要を最優先的に満たさなければなりません。

機械工業を速やかに発展させるべきです。機械工場では近代化を促し、新型のトラクターと運輸機材、多用途化された農業機械のロット生産工程を完備し、性能の高い各種機械設備を質的に生産し供給しなければなりません。

今年、軽工業と農業、水産業を画期的に発展させて、人民生活の向上でより大きな進展を遂げなければなりません。

軽工業部門では原料と資材の国産化を種子(チョンジャ)としてとらえ、正しい経営戦略を立てて生産を活性化し、一般消費財の多種化、多様化と品質の向上に転換をもたらさなければなりません。

端川(タンチョン)地区の各鉱山、企業の生産を正常化し、人民生活の向上で効果が現れるようにすべきです。

経済強国建設の主要攻略部門である農業部門で科学農業熱風を起こし、多収穫運動を力強く展開しなければなりません。現実で優越性が実証された優良種子と科学的な営農方法を広く取り入れ、二毛作面積を増やし、能率的な農業機械を積極的に考案、導入して穀物生産目標を必ず達成しなければなりません。洗浦(セポ)地区畜産基地の正常運営を保障するための対策を講じ、果物とキノコ、野菜の生産を増やして人民がその恩恵を受けるようにしなければなりません。

水産部門では漁労作業に積極的に取り組み、養魚と養殖を根気よく推し進めるべきです。より多くの近代的な漁船を建造し、東海岸地区に総合的な漁具生産基地を築いて水産業の物質的・技術的土台を強化しなければなりません。

建設部門では黎明(リョミョン)通りの建設を最高の水準で完成し、端川発電所の建設と金鍾泰(キムジョンテ)電気機関車連合企業所の近代化工事、元山(ウォンサン)地区の建設をはじめ重要建設に力を集中し、教育・文化施設と住宅をより多く立派に建設しなければなりません。

人民経済のすべての部門、すべての単位で自力更生、自給自足のスローガンを高く掲げ、最大限増産し節約する運動を力強く展開して、今年度の計画を指標別に完遂しなければなりません。

国土管理に全国が立ち上がるべきです。各道に近代的な育苗場を整え、山林復旧戦闘を根気よく推し進め、河川管理と道路の補修、環境保護事業を計画的に行って、国土の全容を一新しなければなりません。

国家経済発展5カ年戦略の遂行において転換をもたらすためには、経済指導と企業管理を明確な目標を持って革新的に行わなければなりません。内閣と経済指導機関は、人民経済全般を上昇軌道に確固と乗せて国の経済を持続的に発展させうる策略を立て、頑強に実践しなければなりません。

教育と保健医療、スポーツ、文学・芸術をはじめ文化分野のすべての部門で新たな革命的高揚を起こして文明強国建設を早めるべきです。科学教育の年である今年に全国家的、全社会的に科学教育施設と環境を一新するための旋風を巻き起こさなければなりません。

社会主義政治・軍事陣地を不敗のとりでとしてさらに打ち固めるべきです。

一心団結は金日成同志と金正日同志の貴い革命遺産であり、一心団結に朝鮮式社会主義の不可抗力的威力があります。千万軍民が党と同じ血筋を引いて心臓の拍動を合わせ、党の周りに思想・意志、道徳・信義の上で固く団結し、祖国の富強・繁栄のために力強く闘わなければなりません。党活動と国家・社会生活のすべての分野においてチュチェの人民観、人民哲学の最高の精華である人民大衆第一主義を具現し、一心団結の花園を汚す毒草である権柄と官僚主義、不正腐敗行為を根絶するための闘争を力強く展開すべきです。ひたすら党に従う人民の純潔で熱烈な心と志向を阻み、党と人民大衆を引き離そうとする敵の卑劣で悪らつな策動を断固と粉砕しなければなりません。

朝鮮人民軍創建85周年に当たる今年、軍事力強化の熱風を巻き起こさなければなりません。

人民軍では党の政治活動を強力に展開して全軍に党の思想と息吹だけが脈打つようにし、再び今年を訓練の年、戦闘準備の完成の年としてすべての軍種、兵種、専門兵部隊で戦闘準備の熱風を強く巻き起こし、すべての軍人をいかなる侵略者も一撃の下に撃滅しうる「一当百」の万能戦士、白頭(ペクトゥ)山の虎に育て上げるべきです。朝鮮人民内務軍の将兵と労農赤衛軍、赤の青年近衛隊の隊員は、政治的、軍事的にしっかり準備し、社会主義制度と人民の生命・財産を固く守る万全の戦闘動員態勢を整えなければなりません。

国防部門の幹部と科学者と労働者階級は、抗日の「延吉爆弾」精神と戦火の君子里(クンジャリ)革命精神を血潮たぎる胸に秘め、朝鮮式の強力なチュチェ兵器をより多く開発、生産し、先軍革命の兵器廠を一層強固にしなければなりません。

第7回党大会の決定を貫徹するための今年の戦闘の勝敗は、党組織と勤労者団体組織の役割にかかっています。

党組織は自分の部門、自分の単位に提示された党の政策、基本革命課題の遂行に党活動の火力を集中すべきです。党が重視している問題、生産的高揚を起こす上でキーポイントとなる問題を正確にとらえ、力量を総動員して解決しなければなりません。党組織は沸き立つ戦闘現場に政治活動の舞台を移し、革命的な思想攻勢をかけて、大衆を党の思想と政策を貫徹する総動員戦へと力強く奮い立たせなければなりません。すべての初級党組織は第1回全党初級党委員長大会の基本精神を具現し、今年の全民総突撃戦で継続革新、継続前進の気概が強く発揮されるようにすべきです。

青年同盟と職業同盟、農業勤労者同盟、女性同盟組織が立ち上がり、全同盟が大高揚進軍で沸き立つようにするとともに、すべての同盟員が革新者、マンリマ速度の創造者になるようにすべきです。

今日の激動の時代は、党政策貫徹の第一旗手である幹部の活動気風と活動態度を革命的に改善することを求めています。

今、人民の闘争意欲は非常に高く、これに幹部の大胆かつ科学的な作戦と巧みな指揮、率先垂範の活動態度が裏打ちされれば、われわれには占領できない要塞も乗り越えられない難関もありません。すべての幹部は党と革命に対して担っている崇高な使命感を深く自覚し、隊伍の先頭に立って大衆を導く機関車にならなければなりません。革新的な眼識を持って活動を大胆に設計し、常に仕事を見つけ出し気を引き締めて戦闘的に働くべきです。幹部は敗北主義とことなかれ主義、形式主義、要領主義と断固決別し、党の構想と意図を貫徹するための闘いで一身をろうそくのように燃やしつくさなければなりません。

われわれは昨年、朝鮮労働党第7回大会で民族の統一念願と時代の要求を反映して主体的な祖国統一路線と方針を打ち出し、その実現のために積極的に闘いました。しかし南朝鮮当局は、われわれの愛国愛族的アピールと誠意ある提案に背を向け、対共和国制裁・圧迫と北侵戦争策動を追求しながら北南関係を最悪の局面に追い込みました。

昨年、南朝鮮では大衆的な反「政府」闘争が激しく繰り広げられ、反動的統治基盤を根底から揺るがしました。南朝鮮人民の闘争史に著しい足跡を残した昨年の全民抗争は、ファッショ独裁と反人民的政策、事大主義・売国と同族対決をこととしてきた保守当局に対する積もりに積もった恨みと憤怒の爆発です。

今年は歴史的な7・4共同声明発表45周年と10・4宣言発表10周年に当たる年です。今年われわれは、全民族が力を合わせて自主統一の大路を開かなければなりません。

北南関係を改善し、北南間の鋭い軍事衝突と戦争危険を解消するための積極的な対策を立てなければなりません。

北南関係の改善は平和と統一に進む出発点であり、全同胞の切々たる要求です。破局状態にある今の北南関係を袖手傍観するならば、どの政治家も民族に対する自分の責任と役割を果たしたとは言えず、民心の支持を受けることができません。相手方を刺激し、対決を鼓吹するあらゆる誹謗中傷はいかなる場合にも正当化されえず、体制の転覆と「変化」に期待をかけて行われる不純な反共和国謀略策動と敵対行為は直ちに中止されなければなりません。

民族同士が互いに争うことなく、同胞の安寧と国の平和を守ろうとするわれわれの立場には変わりがありません。南朝鮮当局はわれわれの自衛的行使について頭ごなしに言い掛かりをつけて情勢を激化させるのではなく、北南間の軍事衝突を防止し、緊張を緩和するためのわれわれの真剣な努力に肯定的に応じなければなりません。

また、武力増強策動と戦争演習騒ぎを中止すべきです。

全民族が志と力を合わせて民族あげての統一運動の全盛期を開いていかなければなりません。

北と南、海外の全朝鮮民族は、民族共通の偉業である祖国統一にすべてを服従させる原則に立って連帯、連合し、団結し、全民族的な規模で統一運動を活性化しなければなりません。思想と体制、地域と理念、階級と階層の違いを超越して頻繁に接触し往来し、北南当局を含めて各政党、団体と内外の各階層同胞が参加する全民族的な統一大会合を実現しなければなりません。われわれは、民族の根本的利益を重んじ北南関係の改善を望む人であれば、それが誰であれためらうことなく手を携えていくでしょう。

民族の統一志向に逆行する内外の反統一勢力の挑戦を粉砕しなければなりません。

南朝鮮に居座ってアジア・太平洋支配戦略を実現しようとするアメリカをはじめ外部勢力の侵略と干渉策動に終止符を打ち、民族の本当の主敵も判別できずに同族対決に生きる道を求める朴槿恵(パク・クネ)のような反統一的な事大主義的売国勢力のしゅん動を粉砕するための全民族的な闘争を力強く展開しなければなりません。

アメリカは、朝鮮民族の統一意志を直視して南朝鮮の反統一勢力を同族対決と戦争へとあおり立てる民族離間術策をこれ以上追求してはならず、時代錯誤の対朝鮮敵視政策を撤回する勇断を下さなければなりません。自主と正義を貴ぶ国際社会は、朝鮮半島の平和と統一を阻むアメリカと追随勢力の妨害策動に反対すべきであり、周辺諸国は朝鮮民族の統一志向と努力に役立つ有益なことをしなければなりません。

北と南、海外の全同胞は、民族の団結した力で全民族的統一大進軍を速めることによって、今年を自主統一の新局面を開く非常に意義深い年にするために、何かしなければなりません。

昨年、わが共和国に対する帝国主義反動勢力の政治的・軍事的圧力と制裁策動は極に達しましたが、わが軍隊と人民の必勝の信念をくじくことはできず、チュチェ朝鮮の力強い革命的前進を阻むこともできませんでした。

われわれは、アメリカとその追随勢力の核の脅威と脅迫が続く限り、また、われわれの門前で「定例」のベールをかぶった戦争演習騒動をやめない限り、核武力を中枢とする自衛的国防力と先制攻撃能力を引き続き強化していくでしょう。われわれは必ずわれわれの力でわが国家の平和と安全を守り抜き、世界の平和と安定を守ることにも大いに寄与するでしょう。

わが党と共和国政府は今後も自主、平和、親善の対外政策理念に忠実でありつづけ、自主性を擁護する国々との善隣友好・親善協力関係を発展させ、真の国際正義を実現するために共同で努力するでしょう。

同志のみなさん!

新しい一年が始まるこの場に立つと、私を固く信じ、一心同体となって熱烈に支持してくれる、この世で一番素晴らしいわが人民を、どうすれば神聖に、より高く戴くことができるかという心配で心が重くなります。

いつも気持ちだけで、能力が追いつかないもどかしさと自責の念に駆られながら昨年を送りましたが、今年は一層奮発して全身全霊を打ち込み、人民のためにより多くの仕事をするつもりです。

私は、全人民が金日成同志と金正日同志を信頼し、前途を楽観して『われら幸せうたう』の歌をうたっていた時代を、過ぎ去った歴史の中の瞬間ではなく、今日の現実にするために奮闘努力するつもりであり、一点のくもりもない清らかな心で人民に忠実に仕える人民の真の忠僕、忠実なしもべになることを、この元旦に厳かに盟約します。

また、全党に人民のために滅私奉仕する革命的党風を確立するために力強く闘うつもりです。

偉大な金日成・金正日主義が前途を照らし、党の周りに千万軍民が固く団結した一心団結の威力がある限り、われわれの勝利は確定的です。

ともに、朝鮮労働党第7回大会が示した社会主義強国建設の輝かしい青写真に沿って、明るい未来に向かって力強く進軍しましょう。

    関連記事