北朝鮮の労働党機関紙「労働新聞」と言えば、紙面がプロパガンダで埋め尽くされていることで有名だ。北朝鮮の人々もつまらないと思っているようで、「タバコの巻紙に最高」などと揶揄するほどだ。

1980年代には発行部数300万部を誇っていたが、90年代の大飢饉「苦難の行軍」を機に、10分の1に激減した。金正恩党委員長は「記事の質、内容を向上させ、部数を120万部まで増やせ」との指示を何度も出し、無理やり60万部までは回復させたものの、目標にはとても届かない状況だった。

政治犯として処刑

それが、最近になって人気が高まり、購読者が急増しているという。質や内容が向上したのだろうか。そうではない。