北朝鮮の金正恩党委員長が、朝鮮人民軍(北朝鮮軍)「第4回水産部門熱誠者会議」の参加者を党中央委員会に招いて記念撮影を行った。朝鮮中央通信が1日、報じた。

朝鮮人民軍第4回水産部門熱誠者会議の参加者と記念撮影を行った金正恩氏(2017年1月1日付労働新聞より)
朝鮮人民軍第4回水産部門熱誠者会議の参加者と記念撮影を行った金正恩氏(2017年1月1日付労働新聞より)

同通信によると、記念撮影には黄炳瑞(ファン・ビョンソ)、崔龍海(チェ・リョンヘ)の両氏が参加した。

金正恩氏は、「人民軍水産部門の幹部と漁労工たちが金日成主席と金正日総書記の遺訓を体して、心を引き締めて党の政策決死貫徹の櫓をしっかりこぎ、意義深い新年チュチェ106(2017)年にも魚の宝の山をより高く積み上げる」との期待と確信を表明したという。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

最高指導者金正恩元帥が朝鮮人民軍第4回水産部門熱誠者会議の参加者と共に記念写真を撮る

【平壌1月1日発朝鮮中央通信】朝鮮労働党委員長、共和国国務委員会委員長、朝鮮人民軍最高司令官であるわが党と国家、軍隊の最高指導者金正恩元帥が、朝鮮人民軍第4回水産部門熱誠者会議の参加者を朝鮮革命の最高参謀部である党中央委員会に招いて、彼らと共に意義深い記念写真を撮った。

朝鮮労働党中央委員会政治局常務委員会委員、共和国国務委員会副委員長である朝鮮人民軍の黄炳瑞総政治局長(朝鮮人民軍次帥)、党中央委員会政治局常務委員会委員、共和国国務委員会副委員長である党中央委員会の崔龍海副委員長がこれに参加した。

最高指導者金正恩元帥がチュチェの赤い党旗が強くはためく党中央委員会庁舎の前に姿を現すと、嵐のような「万歳!」の歓呼の声が上がった。

すべての参加者は、平凡な漁労工を水産革命の先駆者、海の征服者に推し立て、当然すべきことをした漁労工たちに党・国家の表彰を授与するように大いなる恩情を施し、今日はまたもや光栄にも記念写真を撮ってくれる元帥に最も温かい感謝を捧げながら、熱狂的に歓迎した。

元帥は、激情に駆られて声の限り歓呼の声を上げる参加者に手を振って温かいあいさつを送った。

元帥は、黄金の海の歴史創造の先頭に立って満載の船の汽笛を高く鳴らして魚の大豊、魚のなだれをもたらすことによって、歴史的な朝鮮労働党第7回大会が提示した輝かしい道に沿って社会主義強国建設の荘厳な進軍を早めていく千万の軍民に必勝の信念と楽観を与え、わが党の政策はすなわち科学であり、勝利であるということをはっきり実証した会議の参加者を祝い、彼らと共に記念写真を撮った。

元帥は、人民軍水産部門の幹部と漁労工たちが金日成主席と金正日総書記の遺訓を体して、心を引き締めて党の政策決死貫徹の櫓をしっかりこぎ、意義深い新年チュチェ106(2017)年にも魚の宝の山をより高く積み上げるとの期待と確信を表明した。

すべての参加者は、最高指導者金正恩元帥の崇高な志を心に刻み付けてマンリマ(万里馬)時代の新しい漁労神話を次々と創造していくことによって、この地に「海の豊年の歌」の歌声、社会主義海の香りが毎年、溢れるようにするという燃えるような決意を固めた。

    関連記事