米国のワシントンD.Cで20日(現地時間)、米韓両国が北朝鮮の核の脅威に緊密に対応していくための外交・国防の政策トップによる「閣僚級拡張抑制戦略協議体(EDSCG)」の初の会議が行われた。

これに関連して、北朝鮮外務省の報道官(スポークスマン)は27日、朝鮮中央通信社とのインタビューを通して「(米韓が)核戦争の危険を増大させている」と非難した。同日、朝鮮中央通信が報じた。

スポークスマンは、「米国と南朝鮮のかいらいが去る10月、『拡張抑止戦略協議グループ』というものを設けることで合意したのに続き、今回にその初の会議を行ったのは朝鮮半島の情勢をさらに悪化させ、核戦争の危険を増大させる重大な挑発策動である」と指摘。

また、「米国のそそのかしの下で南朝鮮のかいらいが原子力潜水艦の建造についてけん伝したのは、米国の侵略的なアジア太平洋支配戦略に突撃隊、手先として出ようとする下心の明白な発露である」と主張した。

さらに、「現情勢の状況は米国によって強いられている核戦争の危険を強力な核抑止力に依拠して根源的に終息させ、地域と世界の平和を守ろうとするわれわれの決心と路線がどんなに正当で正確であったのかをはっきり実証している」と強調した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

朝鮮外務省代弁人 米国が南朝鮮のかいらいと共和国に反対する「拡張抑止戦略」協議を行ったことを糾弾

【平壌12月27日発朝鮮中央通信】朝鮮外務省のスポークスマンは、米国が南朝鮮のかいらいとわれわれに反対する「拡張抑止戦略」協議を行ったことに関連して27日、朝鮮中央通信社記者の質問に次のように答えた。

最近、ワシントンで米国・南朝鮮「拡張抑止戦略協議グループ」会議が行われた。

米国と南朝鮮のかいらいが去る10月、「拡張抑止戦略協議グループ」というものを設けることで合意したのに続き、今回にその初の会議を行ったのは朝鮮半島の情勢をさらに悪化させ、核戦争の危険を増大させる重大な挑発策動である。

米国が今回の会議でわれわれの「脅威」にかこつけて米戦略資産の南朝鮮循環配置を検討したのは、以前から強行してきていたわれわれに対する核脅威・恐喝を定例化、制度化し、われわれを軍事的に圧迫してみようとする危険極まりない試みとなる。

米国は今、最悪の政治危機にあえいでいる南朝鮮のかいらいをぎゅっと掌握して軍事的により隷属させる一方、米国・日本・南朝鮮の3角軍事同盟の形成とアジア版「NATO」のつくり上げを通じてライバル国家をけん制し、アジア太平洋地域で軍事的優位を引き続き確保することで自分らの覇権的野望を実現しようとしている。

最近、米国のそそのかしの下で南朝鮮のかいらいが原子力潜水艦の建造についてけん伝したのは、米国の侵略的なアジア太平洋支配戦略に突撃隊、手先として出ようとする下心の明白な発露である。

米国と南朝鮮のかいらいがわれわれの核抑止力強化に対して「脅威」だの、何のとしているが、膨大な戦略資産を引き入れてわれわれを核でもって脅かし、地域情勢の不安定を招いている自分らの犯罪的正体を絶対に覆い隠すことはできない。

現情勢の状況は米国によって強いられている核戦争の危険を強力な核抑止力に依拠して根源的に終息させ、地域と世界の平和を守ろうとするわれわれの決心と路線がどんなに正当で正確であったのかをはっきり実証している。

われわれは今後も、米国の敵視政策と核脅威が続く限り、朝鮮労働党の並進思想と路線を恒久的に堅持して自衛的な核戦力を質量共にいっそう磐石のごとく打ち固めるであろう。

    関連記事