北朝鮮の金正恩党委員長が下したある決定を伝える内部文書を、韓国のNGO・自由北韓放送が入手した。北朝鮮の治安状況と、党内の様子を知る貴重な資料であると判断し、デイリーNKジャパンでは同団体の承諾を得て、これを掲載する。

文書のタイトルは「敬愛する金正恩同志の2016年9月9日の指示」で、副題は「重要道路で強盗行為が起きていると提起された〇〇資料と対策案」とある。つまり、金正恩氏が犯罪行為を報告する資料を見て下した指示(方針)を全国の党組織に伝える文書だ。

同団体は、北朝鮮北部の国境都市の党委員会に配布された文書の写真を、内部協力者を通じ入手した。なお、写真を見ていただければ分かるが、文中ではすべて地名が〇〇で伏せられている。これはこの文書があくまで、強盗の「手法」を示し、警戒を強化する目的のものであることを示している。

車を停めさせ襲撃

文書は、北朝鮮国内の高速道路で起きている強盗行為を、5件の例をあげ、非常に細かく伝えている。