北朝鮮の朝鮮労働党中央委員会は18日、6月1日から行ってきた200日戦闘(200日間キャンペーン)が12月15日に勝利のうちに終了したとする報道文を発表。朝鮮中央通信が19日、報じた。

同通信によると、報道は「200日間キャンペーンは70日間キャンペーンで達成された勝利を拡大、発展させて第7回党大会の精神を守り、2016年を革命の最盛期に輝かすための全人民的な連続攻撃戦、強行突破戦であったし、自力自強の創造大戦、マンリマ(万里馬)速度創造大戦であった」と主張した。

そのうえで「200日間キャンペーンの総体的目標が達成されて、国家経済発展5カ年戦略の目標を確固と達成することのできるしっかりした保証がもたらされるようになった」と強調した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

朝鮮労働党中央委が200日間キャンペーンの終了に関する報道文を発表

【平壌12月19日発朝鮮中央通信】朝鮮労働党中央委員会が18日、去る6月1日から行ってきた200日間キャンペーンが12月15日、勝利のうちに終了したことに関する報道文を発表した。

報道によると、200日間キャンペーンは70日間キャンペーンで達成された勝利を拡大、発展させて第7回党大会の精神を守り、2016年を革命の最盛期に輝かすための全人民的な連続攻撃戦、強行突破戦であったし、自力自強の創造大戦、マンリマ(万里馬)速度創造大戦であった。

チュチェ革命の天下の大本である党と革命隊伍の一心団結が磐石のごとく固められたのは、200日間キャンペーンで達成された最大の勝利である。

勇敢な人民軍将兵は、革命防衛、人民防衛の霊剣をとらえて最前線、最前方で決死貫徹の生きた模範を生み出して全国に朝鮮労働党の思想貫徹戦、党政策擁護戦の炎を燃え上がらせ、軍民大団結を強化するうえで革命的党軍の本分を全うした。

金日成・金正日主義青年前衛は、困難で骨の折れる作業場ごとで英雄青年の英知と勇猛をとどろかせた。

英雄的金日成・金正日労働者階級と農業勤労者、知識人、女性の中で、党と領袖を白玉のような衷情と増産成果で支え、肉親の情で互いに助け導く精神・道徳的風貌が発揮された。

咸北道(咸鏡北道)北部被害復旧作業で禍を転じて福となす奇跡的勝利が収められた。

革命的武装力は、白頭山訓練熱風を巻き起こしてすべての作戦のテコで侵略と挑発の本拠地を生存不可能に破壊して壊滅させ、祖国の安全と人民の幸福を死守する万端の戦闘準備をいっそう完備した。

国防工業の従事者たちは、核弾頭爆発実験と朝鮮式の最先端戦略兵器開発の勝利の砲声を次々と響かせた。

工業部門で、200日間キャンペーン総生産額の目標を119%に超過遂行し、数千余りの工業企業所が年間人民経済計画を期限前に超過完遂した。

科学技術部門で、わが国で初めて250キロワット風力発電機を開発し、UHP電気炉用の電極生産技術を完成したのをはじめ、数多くの科学技術上の問題が解決されて先端技術産業を創設するための準備が積極的に推進された。

電力、石炭の生産が高い水準で正常化され、金属工業、鉄道運輸部門の実績が高まり、機械、化学、建材工業をはじめとする基礎工業部門で高揚が起きた。

農産と果樹栽培、水産部門で例年にない穀物生産成果が収められ、果物大豊作、「異彩漁景」が広げられた。

われわれの原料、資材、設備が数多く開発、生産されて朝鮮式の現代化が力強く推進され、朝鮮ブランドの軽工業製品が量産された。

豆満江沿岸の北辺千里に社会主義の理想街、理想村が建設され、洪建島干拓地第1段階、黄海南道用水路第1段階、柳京眼科総合病院、保健酸素工場をはじめ、マンリマ(万里馬)時代の記念碑的建造物が至る所に立ち上がり、黎明通りの建設も急ピッチで進められた。

多くの工場・企業所で、2年分、3年分の計画完遂者、マンリマ騎手が数多く輩出し、英雄的な行いが発揮された。 金日成総合大学と全国の110余りの大学で、教授内容の実用化、総合化、現代化と教室と実験・実習室の多機能化が高い水準で実現され、全般的12年制義務教育の実施において進展が遂げられ、数多くの工場・企業所、協同農場に科学技術普及拠点が設けられた。

女子サッカー選手たちが2つのワールドカップを連続獲得し、歌謡「前進する社会主義」と叢書「不滅の嚮導」の中の長編小説「野戦列車」、音楽舞踊物語「青春の自叙伝」、劇映画「わが家の物語」をはじめとする思想・芸術性の高い文学・芸術作品が創作された。

報道は、200日間キャンペーンの総体的目標が達成されて、国家経済発展5カ年戦略の目標を確固と達成することのできるしっかりした保証がもたらされるようになったと強調した。

    関連記事