朝鮮労働党中央委が200日間キャンペーンの終了に関する報道文を発表

【平壌12月19日発朝鮮中央通信】朝鮮労働党中央委員会が18日、去る6月1日から行ってきた200日間キャンペーンが12月15日、勝利のうちに終了したことに関する報道文を発表した。

報道によると、200日間キャンペーンは70日間キャンペーンで達成された勝利を拡大、発展させて第7回党大会の精神を守り、2016年を革命の最盛期に輝かすための全人民的な連続攻撃戦、強行突破戦であったし、自力自強の創造大戦、マンリマ(万里馬)速度創造大戦であった。

チュチェ革命の天下の大本である党と革命隊伍の一心団結が磐石のごとく固められたのは、200日間キャンペーンで達成された最大の勝利である。

勇敢な人民軍将兵は、革命防衛、人民防衛の霊剣をとらえて最前線、最前方で決死貫徹の生きた模範を生み出して全国に朝鮮労働党の思想貫徹戦、党政策擁護戦の炎を燃え上がらせ、軍民大団結を強化するうえで革命的党軍の本分を全うした。

    関連記事