序章ナレーションと音楽「将軍に申し上げます」で始まった公演の舞台には、合唱「前線への道の追憶」、民族器楽7重奏と歌謡「鉄嶺アリラン」、女声独唱と男声パンチャン(傍唱)「先軍の道よ語れ」、児童重唱「将軍と子供たち」などの演目が上がった。

出演者は、金正日総書記の革命業績を熱烈にたたえた。 誰もわたしの心を分かってくれなくても希望を抱いてこの道を行くの歌の一節を心中でうたいながら先軍長征を続けた将軍の献身の労苦を伝えた。

総書記に捧げる朝鮮の軍隊と人民の感謝の情を込めた演目と、金正恩元帥の指導に従ってチュチェ革命の最後の勝利を収めるという意志が脈打っている演目も舞台に上がった。

    関連記事