北朝鮮の朝鮮中央通信は12日、米国上下院で在米コリアンの離散家族・親せき面会問題に関する「決議案」が通過されたことに対して「対朝鮮『人権』謀略策動をよりいっそう強化するための欺まん術策以外の何ものでもない」と非難する論評を配信した。

論評は、「米国こそ、わが領土を二分した張本人であり、原爆脅威で数百万人の朝鮮人『離散家族』問題を生じさせた主犯である」と指摘。

また、「米国は離散家族・親せきの血縁的感情を悪用した人道問題をもって新たな対朝鮮『人権』謀略策動の本格化を狙っている」と主張した。

さらに、「米国の指令に従って南朝鮮のかいらいは、北南関係の『速度の超過は禁物だから離散家族面会行事に対する期待を自制』すべきだとけん伝し、わが公民に対する誘引・拉致行為を持続的に働いて新しい『離散家族』を人工的につくり出した」と非難した。

そのうえで、「米国が心から、離散家族・親せき面会問題に関心があるなら、わが民族を離間させ、同族対決をあおり立てる対朝鮮『人権』謀略策動を直ちに撤回すべきである」と強調した。

「人道」のベールをかぶせた新しい「人権」謀略案 朝鮮中央通信社論評

【平壌12月12日発朝鮮中央通信】米国が突然、在米朝鮮人の離散家族・親せき面会問題に熱を上げているので、国際社会がいぶかしがっている。

米議会の上下両院は数日前、われわれに在米同胞が北に住んでいる家族・親せきに会えるように許容することと、「朝鮮半島の平和定着に寄与できる信頼構築のための措置」を講じることを求めるいわゆる「決議案」というものを各々通過させた。

以降、「10万人の在米朝鮮人の離散家族面会のための礎石を敷いた」「在米離散家族の願い」などという生意気な言葉が米国で響き出ている。

これは、米国が朝鮮民族の離散家族・親せき問題を生じさせ、彼らの面会を阻んできた犯罪的正体を覆い隠す一方、対朝鮮「人権」謀略策動をよりいっそう強化するための欺まん術策以外の何ものでもない。

米国が朝鮮民族の離散家族・親せき面会についてうんぬんするのは、言語道断である。

米国こそ、わが領土を二分した張本人であり、原爆脅威で数百万人の朝鮮人「離散家族」問題を生じさせた主犯である。

米国の不法な南朝鮮占領によってわが民族は北と南に分かれるようになり、米国の朝鮮侵略戦争によって同じ血筋を引いた血肉が生き別れになって不幸と苦痛をなめるようになったのが、離散家族・親せき問題の本質である。

にもかかわらず、米国が自国の反人倫的罪悪についてはそ知らぬふりをし、まるで在米同胞の離散家族・親せき面会に関心でもあるかのように恩着せがましく振る舞いながら、「許容を求める」などとして自分の方からわれわれに言っているのは笑止千万なことである。

今、米国は離散家族・親せきの血縁的感情を悪用した人道問題をもって新たな対朝鮮「人権」謀略策動の本格化を狙っている。

今回の「決議案」がわれわれを謀略にかけて害する不純な内容になっているばかりでなく、「人権」謀略家である米国務省「北人権特使」ロバート・キングが在米同胞の離散家族・親せき問題を取り扱ってきた事実がこれを実証している。

過去、米国が歴史的な両北南宣言の履行を妨害せず、かいらい一味を同族対決へとあおり立てて北南関係の改善に障害をきたさなかったなら、生き別れになった血肉との面会を待ち焦がれる多くの北・南・海外の離散家族・親せきの願いがすでにかなったはずである。

むしろ、米国は北南間に離散家族・親せき面会が行われている時には「キー・リゾルブ」「フォール・イーグル」合同軍事演習をヒステリックに強行して邪魔した。

米国の指令に従って南朝鮮のかいらいは、北南関係の「速度の超過は禁物だから離散家族面会行事に対する期待を自制」すべきだとけん伝し、わが公民に対する誘引・拉致行為を持続的に働いて新しい「離散家族」を人工的につくり出した。

過去、われわれの主動的な措置と誠意ある努力によって正常に行われてきた離散家族・親せき面会が中断された責任は、全的に米国が負わなければならない。

米国が心から、離散家族・親せき面会問題に関心があるなら、わが民族を離間させ、同族対決をあおり立てる対朝鮮「人権」謀略策動を直ちに撤回すべきである。

    関連記事