北朝鮮の金正恩党委員長は、朝鮮人民軍(北朝鮮軍)の「第525軍部隊直属特殊作戦大隊」の戦闘訓練を指導した。日時は不明。朝鮮中央通信が11日、報じた。

第525軍部隊直属特殊作戦大隊の戦闘訓練を指導した金正恩氏(2015年12月11日付労働新聞より)
第525軍部隊直属特殊作戦大隊の戦闘訓練を指導した金正恩氏(2015年12月11日付労働新聞より)

青瓦台襲撃シミュレーション

朝鮮中央通信は11月4日にも、金正恩氏が同部隊を指導したことを報じた。11日付の労働新聞は、青瓦台らしき建物を襲撃する訓練写真を多数掲載している。

朝鮮中央通信の日本語版記事では割愛されているが、朝鮮語の原文には「戦闘員たちは訓練で、延坪島の火の海を青瓦台の火の海へと続かせ、南朝鮮かいらいどもを滅亡の奈落に永遠に叩き落とす英雄的朝鮮人民軍の敵撃滅の闘志と勇猛を余すところなく見せつけた」とされている。

第525軍部隊直属特殊作戦大隊の戦闘訓練を指導した金正恩氏(2015年12月11日付労働新聞より)
第525軍部隊直属特殊作戦大隊の戦闘訓練を指導した金正恩氏(2015年12月11日付労働新聞より)

同通信によると、金正恩氏が訓練開始の命令を下し、「すばらしい、敵が反抗はおろか身を隠す暇もないだろう」と言いながら、豪快に笑ったという。

また、「特殊作戦部隊の戦闘員たちが南朝鮮を活躍舞台にして果敢な戦闘行動を展開するには行軍訓練、射撃訓練、水泳訓練、自然界線克服訓練と野戦生存能力を培うための訓練を実戦の雰囲気の中で度合い強く行って遊撃戦の達人にしっかり準備すべきだ」と強調した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

金正恩最高司令官が朝鮮人民軍第525軍部隊直属特殊作戦大隊戦闘員らの戦闘訓練を指導

【平壌12月11日発朝鮮中央通信】朝鮮労働党委員長、共和国国務委員会委員長の金正恩・朝鮮人民軍最高司令官が、朝鮮人民軍第525軍部隊直属特殊作戦大隊戦闘員らの戦闘訓練を指導した。

金正恩最高司令官は、監視所で人員および機材の動員準備状態と訓練進行計画に関する報告を聴取した。

金正恩最高司令官が、訓練開始の命令を下した。

最高司令官は、勇猛な戦闘員たちが敵の特定対象物を縦横無尽して破壊しながら課された戦闘任務を自立的かつ能動的に遂行する姿を見て、すばらしい、敵が反抗はおろか身を隠す暇もないだろうと言いながら、豪快に笑った。

部隊を敵撃滅の戦闘隊伍に強化させた指揮官と戦闘員を高く評価した。

特殊作戦部隊の戦闘員たちが南朝鮮を活躍舞台にして果敢な戦闘行動を展開するには行軍訓練、射撃訓練、水泳訓練、自然界線克服訓練と野戦生存能力を培うための訓練を実戦の雰囲気の中で度合い強く行って遊撃戦の達人にしっかり準備すべきだと強調した。

金正恩最高司令官は、人民軍の戦いの準備と戦闘力強化において提起される戦略的課題を提示した。

金正恩最高司令官は、訓練に参加した戦闘員たちに会って訓練を成功裏に行ったことについて高く評価しながら特殊作戦大隊に双眼鏡と自動小銃を贈り、彼らと共に記念写真を撮った。

    関連記事