北朝鮮で行われている反人道的な犯罪について、金正恩党委員長ら国家の指導部にその責任を問うべきとの声が高まっている。韓国のソウルには国連の傘下機関として人権事務所が設置され、北朝鮮の人権状況を監視し、被害者の証言を記録している。

韓国政府も今年になって成立・施行された北朝鮮人権法に基づき、北朝鮮人権記録センターを設立。北朝鮮の指導部に人権侵害の責任を問うための法的根拠を整理しようとしている。

麻酔もせずに

こうした動きを受けて、韓国の民間団体が運営する対北短波ラジオ「国民統一放送」は、独自に人権侵害被害者の証言の掘り起こしを行い、その証言を北朝鮮に向け発信している。

その最初の証言者となったのは、脱北女性のキム・チャンミさんだ。2007年、チャンミさんはいったんは中国へ逃れたものの北朝鮮に強制送還され、拘留場、集結所、教化所に収監され、ひどい人権侵害を受けた。

彼女の体験談は、どれもにわかには信じられないようなものばかりだが、とりわけひどいのが、北朝鮮の収容施設で当局幹部により強姦され、妊娠させられ、麻酔もせずに中絶手術をされたというものだ。

北朝鮮の収容施設で、こうした行為が横行しているということ自体は、以前から知られていた。しかしいざ、当事者の証言と接すると言葉を失ってしまう。

しかし当事者の告発なくして、人権侵害の責任追及は力を持たない。

チャンミさんは国民統一放送のインタビューで、「女性としてこのような話をすることは容易ではないのに、どのように勇気を発揮することができたのか」と問われ、次のように答えている。

「強姦されたのが私一人だけだったら、墓場まで持っていったかもしれません。しかし、あのようなことはまだ北朝鮮で起きています。

私を強姦した監察課副課長だけでなく、それなりのポストにいる人々は、一般庶民を軽く見ている。多くの人が被害を受けているのに、家族すら知りません。私の家族も、私がこんな目にあったことを未だに知りません。だから、韓国にいる今、堂々と事実を知らせたいのです。早く統一されて、北朝鮮から苦痛が消えて、人々が普通の暮らしを送れるようになることを望むばかりです。

強姦と強制中絶は女性被害者に深刻な精神的肉体的苦痛を与える反人道犯罪です。国際社会は、このような反人道犯罪を記録しており、加害者に責任を問う日が来るでしょう。拘留場と集結所にいる北朝鮮当局者たちは、今すぐに収監者に対する人権侵害をやめなければなりません」

こうした勇気ある告発が、北朝鮮の人権状況の改善につながることを切に願う。

高英起(コウ・ヨンギ)

1966年、大阪生まれの在日コリアン2世。北朝鮮情報専門サイト「デイリーNKジャパン」編集長。北朝鮮問題を中心にフリージャーナリストとして週刊誌などで取材活動を続けながら、テレビやラジオのコメンテーターも務める。主な著作に 『脱北者が明かす北朝鮮』 『北朝鮮ポップスの世界』 (共著) 、 『金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔』 『コチェビよ、脱北の河を渡れ ―中朝国境滞在記―』 など。

脱北者が明かす北朝鮮 (別冊宝島 2516) 北朝鮮ポップスの世界 金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔 (宝島社新書) コチェビよ、脱北の河を渡れ―中朝国境滞在記

    関連記事