北朝鮮の金正恩党委員長は元山(ウォンサン)製靴工場を現地指導した。日時は不明。朝鮮中央通信が9日報じた。

元山製靴工場を現地指導した金正恩氏(2016年12月9日付労働新聞より)
元山製靴工場を現地指導した金正恩氏(2016年12月9日付労働新聞より)

同通信によると、金正恩氏は「第7回党大会を迎えたその精神、その気迫をもって200日間キャンペーンの目標を今年の8月末まで立派に完遂するために本当に苦労した、工場をわが国における履物工場のモデル、標準に整えた朝鮮労働党の意図を実践で支えている」と高く評価したという。

また、「(従業員らが)栄光の働き場で働くという誇りと自負を抱いて自分らがつくる製品を世界的水準に引き上げることによって工場に与えたわが総書記の遺訓を貫徹しなければならない」と強調した。

元山製靴工場を現地指導した金正恩氏(2016年12月9日付労働新聞より)
元山製靴工場を現地指導した金正恩氏(2016年12月9日付労働新聞より)

さらに、工場で生産された各種の靴を明るい微笑を浮かべて見ながら「靴の種類が増え、形がいっそう洗練されたのが分かる、本当に見栄えがして満足だ、靴の豊作がもたらされた」と述べたという。

現地指導には、趙甬元(チョ・ヨンウォン)氏が同行した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

金正恩元帥が元山製靴工場を現地指導

【平壌12月9日発朝鮮中央通信】朝鮮労働党委員長、共和国国務委員会委員長、朝鮮人民軍最高司令官の金正恩元帥が、生産を正常化している元山製靴工場を現地で指導した。

金正恩元帥は、顔なじみの工場の幹部らの手を親しく取って、工場の労働者階級が衷情の70日間キャンペーン期間に年間人民経済計画を超過遂行して第7回党大会を迎えたその精神、その気迫をもって200日間キャンペーンの目標を今年の8月末まで立派に完遂するために本当に苦労したと、工場をわが国における履物工場のモデル、標準に整えた朝鮮労働党の意図を実践で支えていると高く評価した。

金正恩元帥は、沿革紹介室を見て回った。

工場で、金正日総書記の人民愛を胸熱く感じることができるように沿革紹介室を立派に整え、従業員の間でいろいろな形式と方法で教育を実質的に行っていることについて満足し、彼らが栄光の働き場で働くという誇りと自負を抱いて自分らがつくる製品を世界的水準に引き上げることによって工場に与えたわが総書記の遺訓を貫徹しなければならないと強調した。

金正恩元帥は、射出作業班、製靴職場、甲皮職場、デザイン室などの工場の各所を見て回り、生産状況と製品の質について具体的に調べた。

金正恩元帥は、工場で生産した各種形態の男性用靴、女性用靴、子ども用靴を明るい微笑を浮かべて見ながら靴の種類が増え、形がいっそう洗練されたのが分かる、本当に見栄えがして満足だ、靴の豊作がもたらされたと喜びに満ちて述べた。

金正恩元帥は、元山製靴工場に提起される課題を提示した。

金正恩元帥は、党が深く関心する工場らしくマンリマ(万里馬)を駆る勢いで継続革新、継続前進するとの期待と確信を表明した。

朝鮮労働党中央委員会の趙甬元副部長が、同行した。

    関連記事