北朝鮮の平壌で6、7の両日、農業団体である「朝鮮農業勤労者同盟(農勤盟)」の第8回大会が行われた。朝鮮中央通信が8日、報じた。農勤盟の大会が行われるのは1982年12月7日以来、34年ぶりとなる。

同通信によると、大会では「全同盟の金日成・金正日主義化を実現し、朝鮮労働党の頼もしい紐帯、外郭団体としての使命と任務を立派に遂行していくうえで提起される課題と方途を討議した」という。

また、農勤盟代表者会議で選挙された代表者が参加。関連部門の党・行政幹部が、オブザーバーとして参加した。

大会では、金正恩氏が農勤盟第8回大会の参加者に送った書簡「チュチェの社会主義偉業遂行において農業勤労者同盟の役割を強めるために」が伝達されたという。

また、農勤盟中央委員会執行委員会が選挙され、委員長に李明吉(リ・ミョンギル)、副委員長に韓慶松(ハン・ギョンソン)、リョ・ヘジョン、キル・サンボン、オ・ギペクの各氏が選挙された。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

農勤盟第8回大会

【平壌12月8日発朝鮮中央通信】朝鮮農業勤労者同盟(農勤盟)第8回大会が6、7の両日、平壌で行われた。

大会では、農勤盟第7回大会以降、農勤盟の活動において収められた成果と経験を総括し、チュチェ革命の新時代の要請に即して全同盟の金日成・金正日主義化を実現し、朝鮮労働党の頼もしい紐帯、外郭団体としての使命と任務を立派に遂行していくうえで提起される課題と方途を討議した。

大会には、各級の農勤盟代表者会議で選挙された代表者が参加した。

連関部門の党・行政幹部が、オブザーバーとして参加した。

大会は、次のような議題を承認した。

1.朝鮮農業勤労者同盟中央委員会の活動総括について 2.朝鮮農業勤労者同盟中央検査委員会の活動総括について 3.朝鮮農業勤労者同盟規約の改正について 4.朝鮮農業勤労者同盟中央指導機関の選挙について

大会では、金正恩元帥が農勤盟第8回大会の参加者に送った書簡「チュチェの社会主義偉業遂行において農業勤労者同盟の役割を強めるために」が伝達された。

朝鮮農業勤労者同盟第8回大会に際して世界の諸国の政党と農業勤労者組織、社会団体から祝電と祝賀手紙が寄せられたことについて紹介された。

第1の議題に対する報告を農勤盟中央委員会の李明吉委員長が行った。

報告者は、金正恩元帥は朝鮮農業勤労者同盟第8回大会の参加者に送った書簡で全同盟を金日成・金正日主義化することを農業勤労者同盟の総体的目標、総体的闘争課題に提示したと強調した。

また、朝鮮農業勤労者同盟第7回大会が行われた時からこんにちに至る期間、白頭山の不世出の偉人たちの賢明な指導の下、農業勤労者同盟が広範な農業勤労者を党の周りにしっかり結集させ、彼らを社会主義農村テーゼと党の農業革命方針の貫徹へと力強く組織、動員して社会主義農村建設史に輝かしい偉勲を刻み付けたことについて述べた。

そして、農業勤労者同盟がすべての農勤盟組織を党の指導の下で領袖の思想と偉業に忠実に従う真の領袖の大衆的政治組織に絶えず強化発展させたことについて強調した。

続けて、金日成主席と金正日総書記、金正恩元帥の賢明な指導の下、農業勤労者同盟が党の思想・技術・文化の3大革命路線と社会主義農村テーゼを貫徹する事業を中心課題にとらえて農業勤労者と農勤盟員を社会主義農村建設と党の農業革命方針貫徹のための闘いへ力強く奮い立たせてきたことについて語った。

報告者は、同盟をチュチェの革命偉業、先軍革命偉業を忠実に支えていく党の頼もしい擁護者、幇(ほう)助者に押し立ててくれた金日成主席と金正日総書記、金正恩元帥の不滅の指導業績は農業勤労者同盟の歴史と共にとわに輝くと強調した。

第1の議題に対する討論が行われた。

大会では、第1の議題に対する決定書が採択された。

第2の議題に対する報告を農勤盟中央検査委員会のシン・チャンソン委員長が行った。

第3の議題が討議された。

朝鮮農業勤労者同盟規約の改正に関する決定書が採択された。

大会では、第4の議題を討議した。

朝鮮農業勤労者同盟中央委員会を選挙した。

推薦された農勤盟中央委員会委員および委員候補の立候補全員が、農勤盟中央委員会委員および委員候補に選挙された。

朝鮮農業勤労者同盟中央検査委員会を選挙した。

推薦された農勤盟中央検査委員会委員の立候補全員が、農勤盟中央検査委員会委員に選挙された。

大会では、農勤盟中央委員会第8期第1回総会の決定内容が発表された。

農勤盟中央委員会執行委員会が選挙された。

農勤盟中央委員会委員長に李明吉、副委員長に韓慶松、リョ・ヘジョン、キル・サンボン、オ・ギペクが選挙された。

    関連記事