北朝鮮外務省の軍縮・平和研究所の研究者であるチャ・ヨンミ氏は25日、朴槿恵政権を非難する「死に掛けた狂犬をかばっても、追われることしかなかろう」という論評を発表。同日、朝鮮中央通信が配信した。

論評は、朴槿恵政権が「へぼな巫女の『啓示』に従って『国政』を壟断して南朝鮮の人民に『これが国か』という羞恥感を与えた朴槿恵が彼らを相手に『宣戦布告』をすることによって、世界を唖然とさせている」と指摘。

さらに、「朴槿恵逆徒は、上司らの機嫌を取ってやる代価として自分の逃げ道を開けてみようと内外の一様な反対にもかかわらず、米国の『THAAD』配備を進める一方、日本との軍事情報保護協定を締結するなど、地域の平和と安全を害する行為もためらっていない」とTHAAD配置問題や日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)についても非難を展開した。

そのうえで「これまで、朴槿恵逆徒の醜悪な正体を把握できず、へぼな巫女の操り人形にすぎなかった逆徒と相手していた多くの国も、幻滅を禁じ得ずにいる」としながら「死に掛けた狂犬をかばうとしても追われるしかなく、朴槿恵一味を相手するとしても恥と汚名しか当たらない」と強調した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

死に掛けた狂犬をかばっても、追われることしかなかろう

【平壌11月25日発朝鮮中央通信】共和国外務省軍縮・平和研究所の研究者チャ・ヨンミさんは25日、「死に掛けた狂犬をかばっても、追われることしかなかろう」と題する次のような論評を発表した。

へぼな巫女の「啓示」に従って「国政」を壟断して南朝鮮の人民に「これが国か」という羞恥感を与えた朴槿恵が彼らを相手に「宣戦布告」をすることによって、世界を唖(あ)然とさせている。

危機を免れようと「対国民謝罪」に出て事件解明のために最善を尽くす、捜査にも応じると言って涙を搾っていた朴槿恵が、口の唾が乾く前に自分の言葉をすっかり裏返したことについて、南朝鮮内では退陣も、捜査も、収拾もすべて拒否して「国民との戦争を宣布」したという非難が続出している。

内の習いは外で出るといわれるが、朴槿恵逆徒の無知と独善は対外的にもそのままさらけ出されている。

朴槿恵逆徒は、上司らの機嫌を取ってやる代価として自分の逃げ道を開けてみようと内外の一様な反対にもかかわらず、米国の「THAAD」配備を進める一方、日本との軍事情報保護協定を締結するなど、地域の平和と安全を害する行為もためらっていない。

大勢の流れは言うまでもなく、自分の境遇さえ見分けられないほど初歩的な分別力まで喪失した朴槿恵逆徒が、いくら強引に抵抗するとしても悲惨な末路を免れられないということは火を見るより明らかである。

これまで、朴槿恵逆徒の醜悪な正体を把握できず、へぼな巫女の操り人形にすぎなかった逆徒と相手していた多くの国も、幻滅を禁じ得ずにいる。

死に掛けた狂犬をかばうとしても追われるしかなく、朴槿恵一味を相手するとしても恥と汚名しか当たらない。

    関連記事