北朝鮮の朝鮮中央通信は23日、日韓両政府の間で同日に締結された日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)に対して、韓国内で非難の声が高まっていると報じた。

同通信は、韓国の6つの市民団体が22日、ソウルで朴槿恵政権を糾弾する記者会見を行ったと報道。この会見のなかで、GSOMIAをめぐり「南朝鮮・米国・日本の3角ミサイル防衛(MD)システムを構築するための制度的装置として、日本の『集団的自衛権』行使と北に対する先制攻撃を後押しし、南朝鮮・日本関係を軍事同盟に引き上げる役割だけをするだろうと懸念を表した」と報じた。

さらに、「日本との協定締結の先頭に立つ国防部長官を弾劾させなければならないと主張した」と伝えた。