ところが、今回は一部を除いて行事なしで入居が進められ、人々は何一つ持たない状態で入居している。その理由を巡り様々な噂が飛び交っているが、金正恩党委員長が現場を訪れようとしないことが最も有力なようだ。

水害で武器庫が破壊され、大量の銃や弾薬が流出してしまった。その回収がまだ終わっていないため、金正恩氏はテロや暗殺を恐れて被災地に行こうとしないのだ。

(関連記事:金正恩氏が「史上最悪」水害被災地に行けないワケ

    関連記事