人気記事:【写真】北朝鮮兵士が衝撃を受けた「水着美女」の悩殺写真

湿気を下げるには、窓を開けっ放しにして換気を続けるのが一番の方法だが、被災地はすでに真冬日となっている。朝鮮中央テレビの天気予報によると、22日の最高気温は恵山(へサン)が氷点下7度、清津(チョンジン)が氷点下1度だ。

次に考えられる方法は、オンドル(床暖房)用の薪を多めにくべて、部屋を暖めることだが、薪が不足していてそれもできない。また、結露防止のためのペンキを塗っても、湿気が高すぎてすぐに剥げてしまう。

そのため、朝起きたら部屋の中に冷凍庫のように霜が張っていて、子どもたちはしもやけになっているという。また、このままではカビが生えて、アレルギー性鼻炎、ぜんそくなどを引き起こしかねない状況だ。

北朝鮮では、「元帥様の人民愛」「党の温かい配慮」を宣伝するために、入居記念行事を開催し、入居者にカラーテレビなどの様々な家財道具を贈るのが一般的だ。

    関連記事