金正恩政権が本格的に始動した2012年には、国境警備が強化された影響もあり、1502人に急落した。

2015年には1276人と、2003年の水準まで戻っていた。それが今年に入ってから再び増加に転じている。

性別で見ると女性が71%で圧倒的に多く、年齢は20〜30代が58%を占めた。また、学校に在学中の脱北青少年は2701人で、そのうち、中国などの第三国で生まれ、北朝鮮で暮らしたことのない脱北青少年は、51%(1383人)に達している。

移民型の脱北

時代の変化により、脱北の理由も様変わりしている。

    関連記事