北朝鮮の金正恩党委員長が、黄海の南北軍事境界線に近接するカルリ島前哨基地と長在島(チャンジェド)防御隊を視察した。日時は不明。朝鮮中央通信が13日、報じた。

カルリ島の前哨基地と長在島防御隊を視察した金正恩氏(2016年11月13日付労働新聞より)
カルリ島前哨基地と長在島防御隊を視察した金正恩氏(2016年11月13日付労働新聞より)

カルリ島と長在島は、黄海の南北軍事境界線に近接する。長在島は、向かい側の延坪島(ヨンピョンド)からわずか9キロしか離れていない。

同通信は、カルリ島前哨基地は金正恩氏によって新しく組織されたとしながら、「西海海上で随時に行われる敵の危険極まりない軍事的しゅん動を徹底的に鎮圧してわが祖国の神聖な領海をしっかり防衛し、もし、敵が少しでも手出しするなら、即時、敵撃滅の砲火を浴びせられるように転変した強力な火力打撃基地である」と主張した。

カルリ島前哨基地と長在島防御隊を視察した金正恩氏(2016年11月13日付労働新聞より)
カルリ島前哨基地と長在島防御隊を視察した金正恩氏(2016年11月13日付労働新聞より)

金正恩氏はカルリ島前哨基地の状態を具体的に調べ、さらに再組織した延坪島火力打撃計画戦闘文書を承認したと同通信が伝えた。文書の具体的な内容については言及されていない。

金正恩氏は、「防御隊の軍人を死んでも革命信念を捨てない精神力の最強者、階級闘争の第1線を守る社会主義防衛者、祖国統一の猛将にしっかり準備させるには、彼らに思想的糧を多く植え付けなければならない」と述べたという。

金正恩氏は、防御隊に双眼鏡と自動小銃を記念に贈り、軍人、軍人家族と共に記念写真を撮った。

視察には、黄炳瑞(ファン・ビョンソ)、李永吉(リ・ヨンギル)、朴正天(パク・チョンチョン)、李成国(リ・ソングク)、リ・ヨンチョルの各氏が同行した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

金正恩最高司令官が西南前線水域最南端のカルリ島前哨基地と長在島防御隊を視察

【平壌11月13日発朝鮮中央通信】朝鮮労働党委員長、共和国国務委員会委員長である朝鮮人民軍の金正恩最高司令官が、西南前線水域の最南端に位置しているカルリ島前哨基地と長在島防御隊を視察した。

金正恩最高司令官は先に、荒波を乗り越えて南朝鮮のかいらい軍ごろつきの群れが巣くっている延坪島が目の前に見える西南前線水域の最南端に位置しているカルリ島前哨基地を視察した。

金正恩最高司令官の千里眼の英知と作戦的構想によって新しく組織されたカルリ島前哨基地は、西海海上で随時に行われる敵の危険極まりない軍事的しゅん動を徹底的に鎮圧してわが祖国の神聖な領海をしっかり防衛し、もし、敵が少しでも手出しするなら、即時、敵撃滅の砲火を浴びせられるように転変した強力な火力打撃基地である。

金正恩最高司令官は、兵室、教育室、食堂、温室を見て回り、島軍営の軍人の生活を向上させるうえで提起される貴重な教えを与え、恩情深い配慮を施した。

最高司令官は、監視所で新しく組織されたカルリ島前哨基地の力量と機材の配置状態、第4軍団管下部隊の前線海上警戒勤務の状態を具体的に調べた。

新しく再組織した延坪島火力打撃計画戦闘文書を承認した。

金正恩最高司令官は、戦闘陣地を見て回り、カルリ島前哨基地の戦闘準備と戦闘力の強化において提起される綱領的な課題を提示した。

金正恩最高司令官は、カルリ島前哨基地の指揮官と軍人が社会主義祖国の西南前線水域の最南端哨所を生命を賭して守るとの期待と確信を表明した。

金正恩最高司令官は、前哨基地から帰る途中に長在島防御隊をまたもや訪れた。

最高司令官は、防御隊の兵室、教育室、洗面・浴場、食堂、温室、畜舎を見て回った。

最高司令官は、軍人への給養活動の実態を具体的に調べ、代を継いで末長く伝える恩情深い配慮を施した。

敵との対決は火と火の対決であると同時に、思想と信念の対決であるとし、防御隊の軍人を死んでも革命信念を捨てない精神力の最強者、階級闘争の第1線を守る社会主義防衛者、祖国統一の猛将にしっかり準備させるには、彼らに思想的糧を多く植え付けなければならないと述べた。

軍人を多面的な知識と文化的素養を身につけた八方美人に育てなければならないと語った。

長在島が青い島に転変したと満足の意を表した。

金正恩最高司令官は、監視所で敵情に関する具体的な報告と防御隊の戦闘任務遂行状況に関する報告を聴取し、火力陣地を見て回りながら武器、戦闘技術機材の経常的な戦闘動員準備の実態を調べた。

最高司令官は、長在島防御隊が受け持っている任務がとても重要であるとし、長在島防御隊の戦闘準備の完成において提起される貴重な教えを与えた。

金正恩最高司令官は、双眼鏡と自動小銃を記念に贈り、防御隊のすべての軍人、軍人家族と共に記念写真を撮った。

朝鮮人民軍の黄炳瑞総政治局長(朝鮮人民軍次帥)、総参謀部の李永吉第1副総参謀長兼作戦総局長(陸軍上将)、朴正天砲兵局長(同少将)、李成国第4軍団長(同中将)、リ・ヨンチョル軍団政治委員(同少将)が同行した。

    関連記事