「海保は、ギブ・アンド・テイクのつもりで国家情報院に情報提供したが、向こうから渡されたのは信頼性の低いクズネタばかり。ネタの裏取りができない海保は、いつの間にか一方的に利用される立場になってしまったとうわけだ。

Nが海保の地方機関に転勤したあとも、来日した国情院の高官が、わざわざご機嫌伺いに行っていたぐらいだから、相当に高いランクの“エージェント”として登録されていたんじゃなか」(外事警察官)

つまり“N情報”は、国情院が海保に投げ与えたネタ、あるいは思惑を含んだネタであったということだ。そして、そうと知らないNは、海保の存在と能力を示すために、せっせと対北情報コミュニティーでそれを配り歩いていたという。

後追いされない産経報道

では、国情院が海保と“お付き合い”する真の理由はどこにあるのか。

    関連記事