北朝鮮の労働新聞は9日、日韓両政府が「軍事情報保護協定(GSOMIA)」の締結に向けて協議を進めていることを非難する署名入りの論評を掲載した。同日、朝鮮中央通信が報じた。

GSOMIAの締結に向けた協議は、今月1日に東京で、9日にはソウルで行われている。

論評は、協定に対して「米国が追求する3角軍事同盟のつくり上げをいっそう促す結果を招くことになる」と指摘。

さらに「そうでなくても先鋭な朝鮮半島と東北アジア地域の情勢をいっそう激化させ、北侵核戦争の暗雲を濃く引き寄せることになるだろう」と強調した。

そのうえで、「民族の尊厳と利益を外部勢力に売り渡した天下にまたといない逆賊の群れに与えられるのは歴史の峻厳な裁きだけである」と警告した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

「労働新聞」 南朝鮮当局の日本との軍事情報保護協定締結を糾弾

【平壌11月9日発朝鮮中央通信】9日付の「労働新聞」は署名入りの論評で、最近、日本との軍事情報保護協定締結の論議を再開することに決定して東京を訪ねて協定締結のための実務協議会というものを行った南朝鮮当局を糾弾した。

論評は、日本との軍事情報保護協定締結は米国の背後の操りに従って百年来の敵である日本軍国主義者に再侵略の道を開いてやり、侵略的な3角軍事同盟のつくり上げに積極的に加担する千秋に許しがたい事大・売国的犯罪行為だと暴露した。

また、南朝鮮のかいらいが「北の核・ミサイル脅威」に対する「迅速かつ効果的な対応」を唱えて日本との軍事情報保護協定締結を再開することにしたのは米国が追求する3角軍事同盟のつくり上げをいっそう促す結果を招くことになるとした。

そして、そうでなくても先鋭な朝鮮半島と東北アジア地域の情勢をいっそう激化させ、北侵核戦争の暗雲を濃く引き寄せることになるだろうと主張した。

論評は、朴槿恵逆徒の退陣を求める憤激した民心の耳目をよそにそらそうとする腹黒い下心も潜んでいるとし、民族の尊厳と利益を外部勢力に売り渡した天下にまたといない逆賊の群れに与えられるのは歴史の峻(しゅん)厳な裁きだけであると警告した。

    関連記事