11月5日、朴槿恵大統領の知人女性が国政に介入していたとされる「崔順実ゲート」に揺れる韓国で、大統領の退陣を求める大規模なデモ(集会)が行われた。

首都・ソウル市の中心部には主催者発表20万人、警察発表で4万5千人の市民が集結。数字の食い違いは大きいが、瞬間最大風速で10万人を超えていたことは確実だ。前週のソウルのデモと比べると5倍以上の動員となる。

また、釜山(プサン)や光州(クァンジュ)、世宗(セジョン)市など全国の主要都市でも同時多発的に市民が集まり、全国的に30万の動員があったと主催者側は発表した。人口の0.6%、日本でいうと80万人が集まった計算だ。

集会には野党3党(共に民主党、国民の党、正義党)の党首ならびに、朴元淳(パク・ウォンスン)ソウル市長が参加。来年の大統領選の有力候補とされる、文在寅(ムン・ジェイン)元共に民主党代表、安哲秀(アン・チョルス)国民の党元代表らも顔をそろえた。

こうしたデモは、韓国の国政にどのような影響を与えるのか。