韓国では、宗教がらみの不祥事が後を絶たない。高校生ら304人の死者・行方不明者を出した大型旅客船・セウォル号の沈没事故が典型である。旅客船のセウォル号のオーナー、兪炳彦(ユ・ビョンオン)氏は救援派と呼ばれるキリスト教系新興宗教の教祖だった。

仏教もキリスト教も

そしてそれと並び、韓国史上最大級のスキャンダルと言えるのが、朴槿恵大統領の知人である民間人女性、崔順実(チェ・スンシル)氏が、国家機密や政府人事に介入していたとされる問題だ。

    関連記事