一昔前には、日本で覚せい剤と言えば北朝鮮製が幅を利かせていた。

2001年12月、覚せい剤の密輸を担っていたと思しき北朝鮮の工作船が、海上保安庁に追い詰められた末に爆沈。以来、日本では北朝鮮製覚せい剤のニュースは聞かれなくなってはいる。

しかしそれは、北朝鮮が覚せい剤と無縁の国になったことを意味してはいない。それどころか、現在では北朝鮮国内で覚せい剤が蔓延し、手の打ちようがない有様となっている。

拒否なら学校でイジメ

咸鏡北道(ハムギョンブクト)の情報筋は、その状況を次のように語る。