北朝鮮の労働新聞は26日、韓国海軍主管で今月15日から22日にかけて実施された「多国籍機雷戦訓練」に対して「戦争演習騒動、無謀な挑発の空威張りだ」と非難する署名入りの論評を掲載。同日、朝鮮中央通信が報じた。

論評は「この訓練で好戦狂らは、『有事の際、海上交通路を確保』するなどとして火薬のにおいを濃く漂わせた」と指摘。

また「朴槿恵一味が同族を害するためにあちこちで外部勢力を狂気じみて引き入れるほど、それは日ごとに強化される自衛的核抑止力を土台とするわれわれの確固たる戦略的地位を反証する」と主張した。

そのうえで「敵対勢力の侵略的挑戦を断固と粉砕することのできる強力かつ威力ある打撃手段で装備された白頭山革命強兵の前では、かいらいが外部勢力と結託して多国籍機雷戦訓練などをいくら行っても無駄である」と強調した。

韓国聯合ニュースによると、多国籍機雷戦訓練は、韓国南部の釜山(プサン)と鎮海(チネ)湾一帯で15日から22日に実施された。朝鮮戦争後、初めて行われる多国籍機雷戦訓練であり、カナダ、タイ、フィリピン、ニュージーランド、オーストラリア、英国を含めた計8カ国から約380人の兵士が参加した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

「労働新聞」 南朝鮮のかいらいが外部勢力と共に行った多国籍機雷戦訓練は怖じ気づいた者のたわいない戦争狂気

【平壌10月26日発朝鮮中央通信】南朝鮮のかいらいが米国と共に朝鮮南海で過去の朝鮮戦争に加担した英国をはじめとする複数の追随国武力まで引き入れて多国籍機雷戦訓練を行った。

各種の機雷敷設および掃海艦船とヘリをはじめ数多くの武力が投入された中で去る15日から22日まで行われたこの訓練で好戦狂らは、「有事の際、海上交通路を確保」するなどとして火薬のにおいを濃く漂わせた。

26日付の「労働新聞」は署名入りの論評で、かいらいが外部勢力と共に行った多国籍機雷戦訓練は事実上、白頭山革命強兵の強大無比の軍事的威力に恐れおののいた者のたわいない戦争演習騒動、無謀な挑発の空威張りだと嘲(ちょう)笑した。

論評は、朴槿恵一味が同族を害するためにあちこちで外部勢力を狂気じみて引き入れるほど、それは日ごとに強化される自衛的核抑止力を土台とするわれわれの確固たる戦略的地位を反証するとし、次のように指摘した。

かいらい好戦狂らは、自分らが誰と対峙しているかということをはっきりと知るべきである。

敵対勢力の侵略的挑戦を断固と粉砕することのできる強力かつ威力ある打撃手段で装備された白頭山革命強兵の前では、かいらいが外部勢力と結託して多国籍機雷戦訓練などをいくら行っても無駄である。

もし、朴槿恵逆賊一味が自分らの惨憺(たん)たる敗北の歴史を忘れてあえて挑発をしかけるなら、われわれは無分別に振る舞う戦争狂らに先軍銃剣の威力をはっきりと見せ付けるであろう。

    関連記事