「いつものように、住民から『忠誠の資金』だとか言ってカネを巻き上げて、それでテレビを買おうとするんじゃないか」(情報筋)

また、復興住宅の質についても住民の間からは「たった2ヶ月で、まともな家が建てられるわけがない」「やっつけ仕事で建てた家の安全性など信じられない」などの声が上がっている。実際、家の壁からは雨漏りがして、壁紙がビショビショになっている有様だという。

昨年8月に水害で大きな被害を受けた羅先(ラソン)経済特区でも、被災者向けの住宅が手抜き工事で、そのままでは住めないような状態だった。

羅先では、被災者向けに1300棟の住宅が建設されたが、家の壁は薄い上に剥がれていて、床もデコボコでそのまま住めるような状態ではなかった。

    関連記事