金正恩党委員長は、水害被災地で高まる人々の不満を「贈り物」で鎮めようとしているようだ。

デイリーNK情報筋によると、台風10号(ライオンロック)による水害で甚大な被害を受けた咸鏡北道(ハムギョンブクト)において、被災者向けの復興住宅の建設が最終段階に達し、早ければ今月末から入居が始まるという。

現地では復興住宅の入居に合わせて、電話機、カラーテレビなどの家電製品がもらえるとの噂が流れている。しかし、現地の被災者は半信半疑だ。