経済制裁で苦境に立たされてきた北朝鮮の国営貿易会社が、久々に活気を取り戻しつつある。ただし、その理由は水害復旧用の資材の横流しで儲けているからだと米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が報じた。

台風10号(ライオンロック)で甚大な被害をこうむった北朝鮮北東部。金正恩党委員長は、早期の復旧を命じた。現地の近況を平安北道(ピョンアンブクト)の情報筋は次のように語った。

横流しされる輸入物資

「当局は工事に10万人の人員を投入。水害復旧需要で、建築資材の輸入が増え続けている。生活必需品を輸入していた貿易会社も、資材の輸入事業をはじめた」