北朝鮮の朝鮮文学芸術総同盟(文芸総)中央委員会のスポークスマンは21日、談話を通じて、韓国の朴槿恵政権が同国の進歩的文芸人らを弾圧するためのリストを作成していると非難した。同日、朝鮮中央通信が報じた。

談話によると、作成されたリストには「『セウォル』号惨事の時局宣言を支持した人士」や「(大統領選挙とソウル市長選挙で)野党候補と無所属候補を支持した人々の名前がおおよそ9473人も載せられている」と指摘。

そのうえで「これは南朝鮮文芸人の自由な意思表示と合法的権利に対する露骨な侵害であり、人権に対する許せない蹂躙である」と糾弾した。

また「朴槿恵とその一味をそのまま置いてはいつになっても文芸人の自由な意思表示と活動が保障されず、それほど渇望する社会的進歩も成し遂げられないということを示している」と主張した。

そのうえで、「朴槿恵一味はいくら正義に対する弾圧と抹殺に狂奔しても、将来がないということをはっきり認識すべきである」と強調した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

朝鮮文芸総中央委員会の代弁人が進歩的な文芸人に対する朴槿恵一味の弾圧策動を糾弾

【平壌10月21日発朝鮮中央通信】朝鮮文学芸術総同盟(文芸総)中央委員会のスポークスマンは、最近、朴槿恵一味が進歩的な文芸人らを弾圧する目的の下で要視察名簿を作成して押しつけた事実が公開されたことに関連して21日、談話を発表した。

暴露された資料によると、朴槿恵のそそのかしによって青瓦台が作成した文芸人要視察名簿には「『セウォル』号政府施行令」の廃棄要求宣言に署名したり、「セウォル」号惨事の時局宣言を支持した人士らと去るかいらい大統領選挙とソウル市長選挙の時、野党候補と無所属候補を支持した人々の名前がおおよそ9473人も載せられているという。

朴槿恵とその一味は、この要視察名簿をかいらい文化体育観光部とその傘下機関に下達して進歩的な文芸人らを「危険人物」とらく印を押し、彼らの文化芸術創作活動に対する「政治検閲」というものを行いながら、第1次的には「政府支援金」を断つ方法で彼らみんなを迫害したという。

談話は、これは南朝鮮文芸人の自由な意思表示と合法的権利に対する露骨な侵害であり、人権に対する許せない蹂躙(じゅうりん)であると糾弾した。

また、今回あらわになった文芸人に対する朴槿恵の無差別的で不法非道な弾圧行為は氷山の一角で、日増しに高まる南朝鮮人民の反「政府」機運を阻み、ファッショ群れの長期執権を実現しようとするところにその醜悪な下心があると暴いた。

そして、現実は朴槿恵とその一味をそのまま置いてはいつになっても文芸人の自由な意思表示と活動が保障されず、それほど渇望する社会的進歩も成し遂げられないということを示していると指摘した。

談話は、朴槿恵一味はいくら正義に対する弾圧と抹殺に狂奔しても、将来がないということをはっきり認識すべきであると強調した。

    関連記事