北朝鮮の金正恩党委員長は15日、タイのプミポン国王の死去を受け、ワチラロンコン皇太子に慰問電を送った。

朝鮮中央通信が伝えた慰問電の全文は次のとおり。

金正恩国務委員長がタイの皇太子に慰問電

【平壌10月15日発朝鮮中央通信】朝鮮国務委員会の金正恩委員長は15日、タイのワチラロンコン皇太子に慰問電を送った。

慰問電は、次のとおり。

わたしは、タイ王国の国王プミポン・アドゥンヤデート陛下が逝去したという悲報に接して殿下と、そして殿下を通じて遺族とタイ王国政府と人民に深甚なる哀悼と深い慰問を表する。

プミポン・アドゥンヤデート陛下は、朝鮮とタイ両国間の友好・協力関係を大事にし、関係の発展に大きな寄与をした。

プミポン・アドゥンヤデート陛下はたとえ逝去したが、陛下の貴い業績はわが両国人民と進歩的人類の心の中に永遠に残っているであろう。---

    関連記事