北朝鮮の高級幹部たちの間で、意外な外国製機器が人気を呼んでいるという。その機器が人気を呼ぶ背景に、日増しに強まる金正恩党委員長の恐怖政治があるというのだからさらに驚きだ。

処刑前の動画公開

金正恩氏は、会議などで少しでも居眠りしたり、意にそぐわない提案をしただけでも、「忠誠心が足りない」「反革命分子」などの罪をなすりつけ、一時的な思想教育である「革命化処分」、最悪の場合は「銃殺刑」に処する。

昨年4月、当時の玄永哲(ヒョン・ヨンチョル人民武力部長が、人間を「ミンチ」にしてしまうような残忍極まりない方法で処刑された。処刑理由は、会議中に「居眠り」し、さらにそれを見咎められて口答えしたからとされている。

(参考記事:玄永哲氏の銃殺で使用の「高射銃」、人体が跡形もなく吹き飛び…]

また、金正恩氏は昨年、スッポン工場を現地指導した際、管理不行き届きという理由から工場内で激怒。後に責任者を処刑し、さらにその直前の激怒した動画まで公開したことがある。

(参考記事:【動画】金正恩氏、スッポン工場で「処刑前」の現地指導]

いつどんな理由で処刑されるからわからない状況では、当然、幹部たちは重度のストレスにさらされる。そしてストレスと睡眠不足は糖尿病の一因であり、実際、高級幹部が高血圧や糖尿病を患うケースが増えていると平壌在住のデイリーNK内部情報筋が語る。

こうしたなか、北朝鮮幹部の間で、韓国製の「血圧計」と「血糖値測定器」が人気を呼んでいるという。

麻酔無しで切開手術も

北朝鮮の高級幹部は烽火診療所、一般幹部は南山病院、赤十字病院などの幹部専用の病院で検査を受ける。しかし、医療機器は老朽化し、医師の技術も高いとはいえない。北朝鮮の医療環境の劣化を端的に表すエピソードとして、ある脱北者は、麻酔薬なしの切開手術を行った「恐怖体験」について証言している。

(参考記事:【体験談】仮病の腹痛を麻酔なしで切開手術…北朝鮮の医療施設]

現場の医師たちは献身的に診療に携わっているが、幹部たちが北朝鮮の医療を信用せず、血圧と血糖値を計測できる韓国製機器を欲しがるというわけだ。

機器の入手は困難だが、中朝を往来するビジネスマンや機関関係者に頼んで取り寄せてもらう。韓国では、一般的な血圧計、血糖値測定器が4万ウォンから6万ウォンほど(約3700円〜5600円で売られているが、北朝鮮では何倍もの値段が付けられる。

北朝鮮の幹部ですら、自国の医療を信用せず、敵国である韓国の医療技術を信頼するというのは、なんとも皮肉な話だ。いや、韓国製品の人気の理由が「金正恩式恐怖政治」というのは、ブラックジョーク以外のなにものでもない。

高英起(コウ・ヨンギ)

1966年、大阪生まれの在日コリアン2世。北朝鮮情報専門サイト「デイリーNKジャパン」編集長。北朝鮮問題を中心にフリージャーナリストとして週刊誌などで取材活動を続けながら、テレビやラジオのコメンテーターも務める。主な著作に 『脱北者が明かす北朝鮮』 『北朝鮮ポップスの世界』 (共著) 、 『金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔』 『コチェビよ、脱北の河を渡れ ―中朝国境滞在記―』 など。

脱北者が明かす北朝鮮 (別冊宝島 2516) 北朝鮮ポップスの世界 金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔 (宝島社新書) コチェビよ、脱北の河を渡れ―中朝国境滞在記

    関連記事