昨年4月、当時の玄永哲(ヒョン・ヨンチョル人民武力部長が、人間を「ミンチ」にしてしまうような残忍極まりない方法で処刑された。処刑理由は、会議中に「居眠り」し、さらにそれを見咎められて口答えしたからとされている。

(参考記事:玄永哲氏の銃殺で使用の「高射銃」、人体が跡形もなく吹き飛び…]

また、金正恩氏は昨年、スッポン工場を現地指導した際、管理不行き届きという理由から工場内で激怒。後に責任者を処刑し、さらにその直前の激怒した動画まで公開したことがある。

(参考記事:【動画】金正恩氏、スッポン工場で「処刑前」の現地指導]

いつどんな理由で処刑されるからわからない状況では、当然、幹部たちは重度のストレスにさらされる。

    関連記事