台風10号(ライオンロック)によって甚大な被害を受けた北朝鮮北東部で、行方不明者が増加していると米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が報じた。

両江道(リャンガンド)の司法機関に勤務するRFAの情報筋によると、道庁所在地の恵山(へサン)市(人口17万人)で、今年7月初めから9月末までの2ヶ月間に発生した行方不明者の数が291人にのぼるという。ちなみに両江道全体(人口72万)の今年上半期の行方不明者数は277人。これだけみても291人という数字がいかに多いかがわかる。実は、この行方不明者は中国へ逃れた脱北者。なぜこの時期に、脱北者が急増しているのか。

女子大生まで拷問

中朝国境地域は、もともと脱北者が多い地域だ。