「わが国において教育は無償だ」との宣伝を繰り返す北朝鮮。1956年には初等教育の義務化、1958年には中等教育の義務化、そして1959年3月、内閣は無料教育制度を実施を宣言した。

北朝鮮の海外向けプロパガンダサイト「わが民族同士」は、2014年に掲載した「この世で最も優れた教育制度」というタイトルの記事で、次のように自慢している。

「わが国ではすべての勤労者とその子女たちが、あらゆる教育費の負担から永遠に免れることになった」

「学習、実験、実習はもちろん、課外活動、踏査(フィールドワーク)、見学、野外活動のための費用まで、国がすべて負担する国、教科書、参考書、学用品もタダ同然の値段で供給し、生徒たちの制服も国が保証する国は、この世でわが共和国しかない」

北朝鮮当局の主張する「無料教育」は、80年代までは曲がりなりにも行われていた。ところが、90年代後半に北朝鮮を襲った未曾有の大飢饉「苦難の行軍」を境にして、状況は一変する。

    関連記事