北朝鮮の三代にわたる独裁政権を陰で支える「国家安全保衛部」。職員・協力者を合わせ数十万人の情報網を北朝鮮社会のあらゆる場所に張り巡らせ、国民の一挙手一投足を監視している。一度入ったら出られない強制収容所も運営するなど、まさに恐怖政治の象徴である。

秘密の拷問施設

そんな保衛部もフタを開けてみれば、やはり貧乏国家・北朝鮮の一部署である。予算が少ないばかりか、逆に国家に上納金を納める義務も負っている。

ではそのお金はどこから出てくるのかと言えば、北朝鮮の富裕層から収奪するのである。武器は権力と、比類なき暴力性だ。

以下に、保衛部の恐るべき「恐喝ビジネス」の一部を紹介する。証言をしてくれたのはS氏。平壌にある保衛部本部に勤めた将校出身で、今は韓国に住む脱北者だ。

S氏の下には、地方から「事件」が送られてくる。例えば全国にまたがり「オルム(氷の意)」と呼ばれる覚せい剤を流通させる一味がいる場合、きちんと捜査を行い、一味を逮捕する。そのかたわらで一味の名簿を見て「カネになりそうな」人物をリストアップする。家族や親類が金持ちの商売人であったり、幹部である場合には、取引を持ち掛けるのである。

覚せい剤の流通は北朝鮮でも重罪である。例えば主犯格Aの裕福な親戚に対し「あなたの甥はこのままでは死刑になります」と脅しをかけると、親類はあわてて現金数万ドルをS氏に付け届ける。するとS氏はその主犯格Aを無罪とするのである。

一方で、保衛部という部署の本来の業務もおろそかにはできない。事件は事件として処理しなければならないので、「カネのない」別の一味Bを主犯格に仕立て上げるのである。だが、事情を知らないBは、当然のように自分は主犯ではないと強弁する。するとBを平安南道(ピョンアンナムド)の平城(ピョンソン)市にある、秘密の拷問施設に監禁し、激しい拷問を加え犯行を「自白」させるのである。S氏いわく「平城に行って白状しない奴はいない」。シロもクロになるということだ。

見せしめで処刑

もちろん、拷問をしない場合もある。その際には「正直に吐いたら刑を軽くしてやる」と甘い言葉を持ち掛けるのである。Bはもちろん、本来の主犯Aはカネで無罪放免になったことは知らない。結果、共犯者に過ぎないBがいつの間にか主犯とされ、死刑になる。公開銃殺執行の当日、Bは騙されたことを少しでも知らせようとあがくも、口は動かないよう頬と舌を金串で串刺しにされて針金で固定され、口の中にも砂利が詰め込まれうめくことしかできない。そして事件は「解決」となる。

この証言の核心は「事件を通じ保衛部(S氏)は数万ドルを手にした」という点である。このお金の大半は、党に上納され、最終的に金正恩氏の手に渡ることになる。密輸品を取り締まる実入りの良い部署などは、年間200万ドル以上の上納金を課されるという。

このような「権力をカネに変える」構造では、保衛部にとって北朝鮮住民は、単なる金づるに過ぎない。

本来、罪を問われるべき人物は賄賂で無罪放免となり、死ななくても済んだ貧しい犯罪者は怨みを抱いたまま「見せしめ」で処刑される。

この一点を取っても、北朝鮮の治安組織の腐敗の度合いと、上納金を受け取る金正恩氏の手がいかに血に汚れているかが分かるというものだ。

同じことが今日も北朝鮮国内では無数に行われているが、表立って批判できる者はだれ一人として存在しない。恐怖国家・北朝鮮の赤裸々な姿である。

高英起(コウ・ヨンギ)

1966年、大阪生まれの在日コリアン2世。北朝鮮情報専門サイト「デイリーNKジャパン」編集長。北朝鮮問題を中心にフリージャーナリストとして週刊誌などで取材活動を続けながら、テレビやラジオのコメンテーターも務める。主な著作に 『脱北者が明かす北朝鮮』 『北朝鮮ポップスの世界』 (共著) 、 『金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔』 『コチェビよ、脱北の河を渡れ ―中朝国境滞在記―』 など。

脱北者が明かす北朝鮮 (別冊宝島 2516) 北朝鮮ポップスの世界 金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔 (宝島社新書) コチェビよ、脱北の河を渡れ―中朝国境滞在記

    関連記事