そのうえで、「米支配層内ではどんな制裁がわれわれに最も効果的であるのかを置いて悩んでいる。しかし、それは無駄である」としながら、制裁では核・ミサイル戦略は変わらないと強く主張。

また、「自衛的国防力をうち固める道で一歩の躊躇も譲歩もない」としながら「米国は、現実を直視して時代錯誤の反共和国制裁・封鎖策動がもたらす破局的結果について熟考すべきである」と、米国の対北政策を非難した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

「労働新聞」 自衛的国防力強化は朝鮮の揺るぎない意志

【平壌10月7日発 朝鮮中央通信】最近、米国のVOA放送、UPI通信などが、米国には朝鮮の予見できない強硬措置を直ちに防ぐ方途がないのが大きな問題となっている、朝鮮が新型の静止衛星キャリア・ロケット用大出力エンジンの地上噴出実験を行った、金正恩指導者が一度指示すればそれがすなわち、法律のように執行される朝鮮の場合を考えてみると、近いうちに衛星の打ち上げが行われるということを示唆すると評した。

    関連記事