北朝鮮の朝鮮中央通信は6日、9月末から行われている米韓合同軍事演習を非難する記事を配信した。

同通信は、「米帝侵略軍第3海兵機動軍兵力が南朝鮮に到着するや否や、かいらい軍第6海兵旅団と連合部隊を編成し、共和国を狙った戦術訓練、航空機誘導訓練など侵略戦争演習に奔走している」と指摘。

さらに「日本の沖縄に駐屯している米第3海兵機動軍は、北侵戦争計画である『作戦計画5027』従って朝鮮半島の有事の際に最も先に派遣される侵略武力である」と主張した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

朝鮮西海の最大ホットスポットで米帝と南朝鮮かいらい好戦狂が北侵演習に狂奔

【平壌10月6日発 朝鮮中央通信】米帝侵略軍とかいらい軍の海兵隊兵力が、9月末から朝鮮西海の最大ホットスポットである白翎島と延坪島で北侵戦争演習に狂奔している。

4日、かいらい海兵隊司令部がこれについて明らかにした。

米帝侵略軍第3海兵機動軍兵力が南朝鮮に到着するや否や、かいらい軍第6海兵旅団と連合部隊を編成し、共和国を狙った戦術訓練、航空機誘導訓練など侵略戦争演習に奔走している。

日本の沖縄に駐屯している米第3海兵機動軍は、北侵戦争計画である「作戦計画5027」に従って朝鮮半島の有事の際に最も先に派遣される侵略武力である。

かいらい軍部好戦狂は、北と南が軍事的敵対関係を終息させて朝鮮半島で緊張緩和と平和を保障することに関する10・4宣言を乱暴に否定し、米帝の核戦争計画に従って軍事境界線と西海ホットスポットで同族に反対する戦争演習に熱を上げることで挑戦している。

    関連記事