北朝鮮と韓国の間の「舌戦」の激化が止まらない。朴槿恵大統領は1日、「国軍の日」記念式典で北朝鮮住民に対し「いつでも韓国の自由な地に来てほしい」と呼びかけた。

これに対して北朝鮮の労働新聞は3日付の記事で、「『恐怖政治』だの、『人権蹂躙(じゅうりん)』だのと言ってわれわれの最高の尊厳まであえて冒とくして『脱北』を扇動するヒステリックなほらもためらわずに吹いている」と反発した。

米韓は斬首作戦で圧力

南北双方の激しい舌戦は、今に始まったことではないが、ここ1年は北朝鮮側のナーバスな反応が目立つ。