北朝鮮の金正恩党委員長は、金日成総合大学創立70周年に際して、大学の教職員、学生に送った書簡で同大学の70年史を総括した。朝鮮中央通信が30日、報じた。

同通信によると、金正恩氏は「主席は、困難な新しい祖国建設の時期と苛烈な祖国解放戦争(朝鮮戦争)の時期をはじめ、革命と建設の各時期、各段階に大学の進むべき前途を明示し、総合大学が党と革命が求める立派な民族幹部を多く育成するように温かく導いた」と述べた。

また「金正日総書記は、金日成総合大学の活動が時代と革命に担った使命と任務を立派に遂行していくように賢明に導いた」と述べた。

そのうえで「チュチェの革命偉業を立派に成し遂げる党と国家の頼もしい中核根幹、各分野の有能な専門家を数多く育成し、高い科学研究成果で社会主義強国の建設を力強く促してきたのは金日成総合大学が祖国と革命のために立てた特出した功績である」と強調した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。