しかし、それは金正恩体制が恐怖政治を止めようとしているからではなくて、「国際社会の圧力などの理由から国内で合理化を図ったもので、残った管理所を拡大する方針を取っている」のだという。

(参考記事:北朝鮮「核の暴走」の裏に拷問・強姦・公開処刑

また、過去には収容者が釈放される例もあったのが、最近では例外なく「無期刑」とされているそうだ。元収容者が脱北し、管理所での残虐行為が国際社会に告発されるのを防ぐためだ。

    関連記事