北朝鮮の労働新聞は27日、米韓が北朝鮮の核攻撃が差し迫れば、核兵器発射施設を先制攻撃する案を議論していることに対して、「事実上の核戦争宣戦布告だ」と非難する署名入りの論評を掲載。同日、朝鮮中央通信が報じた。

論評は、「好戦狂らがいわゆる『核危機状況』に対する『能動的対処』の口実の下でけん伝している『3段階合わせ型抑止戦略』の本質は、わが共和国に対する不意の核先制打撃である」と主張。

さらに「好戦狂らのいささかの誤判によっても任意の時刻に朝鮮半島で核戦争が起こりうるということを示唆している」と指摘した。