北朝鮮の労働新聞は27日、米韓が北朝鮮の核攻撃が差し迫れば、核兵器発射施設を先制攻撃する案を議論していることに対して、「事実上の核戦争宣戦布告だ」と非難する署名入りの論評を掲載。同日、朝鮮中央通信が報じた。

論評は、「好戦狂らがいわゆる『核危機状況』に対する『能動的対処』の口実の下でけん伝している『3段階合わせ型抑止戦略』の本質は、わが共和国に対する不意の核先制打撃である」と主張。

さらに「好戦狂らのいささかの誤判によっても任意の時刻に朝鮮半島で核戦争が起こりうるということを示唆している」と指摘した。

そのうえで「好戦狂らはアメリカ帝国を丸ごと打撃して余りある核戦力を中枢とするわれわれの強大無比の軍事力について誤って判断してはいけない」と、米韓に対して威嚇した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

「労働新聞」 米国と南朝鮮好戦狂らの核先制攻撃企図を暴露

【平壌9月27日 発朝鮮中央通信】朝鮮の飛躍的な核戦力高度化に怖じ気づいた米国とかいらい一味が先日、またもや対座していわゆる「高強度の北核対応」のための「3段階合わせ型抑止戦略」の実行について公言した。

27日付の「労働新聞」は署名入りの論評で、米国とかいらいが「3段階合わせ型抑止戦略」の実行について公開的にけん伝するのは核兵器を含むすべての形態の戦争手段を全部動員してわれわれをどうにかしてみようとすることを公言した、事実上の核戦争宣戦布告だと暴いた。

論評は、次のように強調した。

好戦狂らがいわゆる「核危機状況」に対する「能動的対処」の口実の下でけん伝している「3段階合わせ型抑止戦略」の本質は、わが共和国に対する不意の核先制打撃である。

誰それの「核危機状況」を「脅威段階」「使用切迫段階」「使用段階」などに分けて、特に「使用切迫段階」と判断する場合、核先制打撃を加えるというところにこの戦争シナリオの危険性がある。

その「使用切迫段階」というのがとても模糊(こ)たるものだが、そこにはいかなる客観的基準もない。

これは、好戦狂らのいささかの誤判によっても任意の時刻に朝鮮半島で核戦争が起こりうるということを示唆している。

現実は、われわれが並進の旗印の下で核抑止力を全面的に打ち固めたことが至極正当であるということを再度雄弁に実証している。

好戦狂らはアメリカ帝国を丸ごと打撃して余りある核戦力を中枢とするわれわれの強大無比の軍事力について誤って判断してはいけない。

好戦狂らが唱えている「3段階合わせ型抑止戦略」は、ホワイトハウスと青瓦台を灰燼(じん)の中に埋めてしまう悪夢の前奏曲になるだろう。

    関連記事