北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は25日、核兵器開発は米国の軍事行動を抑止し「国の平和と安全をしっかり守り抜く強固な保証」であるとする論説を掲載した。朝鮮中央通信が伝えた。

論説は、「受難多き朝鮮民族の歴史は銃が弱ければ民族の自主権を守ることができない」という事実を示しているとしながら、だからこそ「苦難と試練の峠を越え、いかなる侵略者も一撃のもとに打ち破ることのできる無敵の核抑止力を築いた」のだと強調。

核戦力をもって「国と民族の運命と尊厳」を守るのだと主張している。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。