最近、北朝鮮で金日成−金正日−金正淑(金正日の生母)の軍服姿の写真である、いわゆる‘3大将軍像’の写真が市場で大っぴらに取り引きされている。

対北支援団体’良い友’は最近の北朝鮮消息誌から、市場の物価を紹介し、’3大将軍像’の写真が北朝鮮貨幤7500ウォンで取り引きされていると伝えた。市場の為替で北朝鮮貨幤7500ウォンは2ドル50セント程度だ。

‘3大将軍像’は北朝鮮ではもちろん取り引きが禁止されている品目だ。だがなぜ、’3大将軍像’が市場で堂々と取り引きされているのだろうか。金日成、金正日、金正淑の権威が地に落ちたからだろうか?

‘白頭山3大偉人像’、‘3大将軍像’と呼ばれるこの写真はこの間、北朝鮮で核心権力層たちだけに供給された。しかし最近、お金を必要とする人たちが持ち出し、この’3大将軍像’も市場に出回るようになった。

この写真を買う人は、この間核心階層ではなかった人たちだ。つまり、この写真を買って家にかけておけば、その家を訪問する人々は、’あ、この家は権力層と縁があるようだ’と思う。言わば、’何かありそうな家’という雰囲気を出すことができるのだ。そのため、’3大将軍像’が市場で売れている。

北朝鮮では、金日成、金正日、金正淑の肖像画の売買は政治的事件だ。政治犯収容所に連行される可能性もある。90年代までは誰も例外はなかった。

だが、生活のために商売が盛んになり、お金に対する思想も広まり、結果として、最近では取り締まりにあいさえしなければ、そのまま見逃されている。この写真が市場に’品物’として登場したということは、それほど商売が盛んになっているということだ。

また、肖像画の出所が大部分権力機関の人だから、もともとの所有者が誰なのか明かせば明かすほど、核心権力層の非理が明るみに出る。したがって、保衛部などの関係機関では、噂が立たなければ目をつぶっている。

3大将軍像は大元帥の服を着た金日成が左側に、元帥の服を着た金正日が真ん中に、抗日パルチサンの服を着た金正淑が右側に座った家庭用肖像画だ。この3人が1つの額縁の中に入るように設計された。

‘3大将軍像’が登場したのは、金正日の誕生日55周年だった1997年からだ。この肖像画は最初に党の幹部、軍官(将校)、人民保安省(警察)、国家安全保衛部、裁判所、検察所などの権力機関に供給された。一般の政府の職員の家庭には供給されず、3大将軍像は身分を分ける尺度と考えられた。幼い子供の間では、“うちに白頭山3大将軍像を飾った”と言うのが自慢だった。

ところで、この肖像画が密かに売買され始めたのも、97年頃からだ。97年は人々が飢え死にし、金正日が’先軍政治’を唱えた時期だ。3大将軍像の配給も、金正日の’先軍政治’の宣伝のためだった。

当初は政府の職員らが党の職員に後れをとるまいとして、3大将軍像を酒やタバコ、または自分が支配人を務める工場の品物と取り替えて家に飾った。3大将軍像を直接扱う党の宣伝機関や軍・権力機関の政治部の人たちと連携すれば、容易に手に入れることができた。

その後、お金がある一部の住民も肖像画を家にかけることが流行した。97年には3千ウォンほどだった肖像画の価格が2002年の7.1措置以後、物価の上昇によって跳ね上がり、今では7,500ウォンまでになった。

肖像画の売買はこれを直接製作する万寿台創作社で始まった。食糧の配給が中断すると、万寿台創作団の製作者たちは、肖像画と金日成の 徽章を最初の生産計画よりも沢山製作して、食糧と変えて生計を立てた。彼らは地方の親戚と連携して、3大将軍像を裏口から出して売買した。

それだけでなく、住民の胸につける金日成、金正日の肖像徽章も売買されていることは広く知られている。高級な肖像徽章の種類には、金日成・金正日父子の顔が一緒に出る‘双像’と北朝鮮の国旗の中に金日成を描いた国旗像(海外在住の同胞用)、党旗の中に描かれた党像(党の幹部用)、金日成の死亡後に出た太陽像(金日成の葬式の時にかかげられた肖像画)などがある。

肖像の徽章は1個当り1千ウォン

こうした徽章は、ひととき党の幹部や高位層にも供給され、これを求めようとする住民も増えた。実例として、‘双像’の場合、90年代半ばに多くの地方で数個しかないほど稀少であり、1個当り1000ウォン、1,500ウォンで取り引きされもした。この値段も物価上昇の影響で数倍上がった。

肖像の徽章を売買する商人たちは、黒い洋服の内側に肖像画をつけて暗市場に出る。そして買いたそうな客に洋服の内側にある徽章をいくつか見せて、値段を掛け合う。

だが、全ての住民が3大将軍像を好んでいるわけではない。

最近入国したある脱北者は、“食べて行ける人たちが3大将軍像を買うのであって、一般の住民は別に関心がない”と語った。

もし金正日が’3大将軍像’が暗市場で密かに売られているという事実を知ったらどうなるか。それもドルで計算して2ドル50セントにしかならないという事実が分かったら?おそらく、今すぐ市場の閉鎖措置が下されるのではないだろうか。

商売して食べていく一般の住民たちのためにも、金正日は世を去るまでこの事実を知らない方がよい。また、金正日にとってもあまりにも’恥ずかしい事件’だから、知らない方がよいだろう。

    関連記事