北朝鮮の金正恩党委員長は、「高山果樹総合農場」を現地指導した。日時は不明。18日、朝鮮中央通信が報じた。

高山果樹総合農場を現地指導した金正恩氏(2016年9月18日付労働新聞より)
高山果樹総合農場を現地指導した金正恩氏(2016年9月18日付労働新聞より)

同通信によると、金正恩氏は果樹園を見て回りながら、「高山果樹総合農場で今年、数十ヘクタールのリンゴの果樹園でヘクタール当たり50余トンのリンゴを収穫するというが大したことである、リンゴが枝もたわわに本当に多く実った」と明るく微笑んだという。

また、「高山果樹総合農場での果物の大豊ニュースが伝われば一心団結の巨大な威力で北部被害復旧作業において禍を転じて福となす新しい奇跡を生み出しているわが軍人と人民に大きな力と勇気を与えるだろう」と述べた。

高山果樹総合農場を現地指導した金正恩氏(2016年9月18日付労働新聞より)
高山果樹総合農場を現地指導した金正恩氏(2016年9月18日付労働新聞より)

現地指導には、黄炳瑞(ファン・ビョンソ)、徐紅燦(ソ・ホンチャン)の各氏が同行した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

金正恩元帥が高山果樹総合農場を現地指導

【平壌9月18日発 朝鮮中央通信】朝鮮労働党委員長、共和国国務委員会委員長、朝鮮人民軍最高司令官の金正恩元帥が、高山果樹総合農場を現地で指導した。

金正恩元帥は、高山果樹総合農場に宿っている白頭山の不世出の偉人たちの不滅の指導業績をとわに伝えるために新しく整えた革命事績教育室を見て回った。

元帥は、貴重な事績資料を注意深く見て、金日成主席の遠大な構想によって創設された高山果樹農場が金正日総書記の指導の下で総合的な果物生産拠点に転変したとし、農場での誇らしい成果は農場の展望を明示したわれわれの主席と総書記の献身と労苦を抜きにしては考えられない、われわれは鉄嶺の下のリンゴの海の歴史がどのように始まったのかをいつも忘れてはいけないと述べた。

金正恩元帥は、総書記が上がった展望台で広々とした高山果樹総合農場の全景をふかんし、果樹園を見て回った。

高山果樹総合農場で今年、数十ヘクタールのリンゴの果樹園でヘクタール当たり50余トンのリンゴを収穫するというが大したことである、リンゴが枝もたわわに本当に多く実ったと明るく微笑んだ。

新しく建設した果物保管庫を見て回って、618建設突撃隊の幹部と突撃隊員が数千トン能力の近代的な果物保管庫を非の打ち所がなく立派に建設したとし、高山果樹総合農場を世界屈指の青春果樹園に転変させることに積極的に寄与した彼らの勤労の偉勲を高く評価した。

朝鮮労働党が送った運輸機材とフォークリフトなどを見て、農場に動力噴霧器をはじめとする近代的な果樹機械をもっと送るという恩情深い言葉を述べた。

金正恩元帥は、高山果樹総合農場が今年に収めた成果に基づいてより高く飛躍するための闘いを力強く展開しなければならないとし、農場に提起される課題を提示した。

農場の幹部と従業員が人民に果物を豊かに供給しようとする朝鮮労働党の意図を肝に銘じて決死貫徹の精神を発揮して高山の地が生じて初めての果物の大豊をもたらした、この農場は党政策をどのように貫徹すべきかを実践で示した典型単位、模範単位であるとし、党中央委員会の名義で特別感謝を贈った。

高山果樹総合農場での果物の大豊ニュースが伝われば一心団結の巨大な威力で北部被害復旧作業において禍を転じて福となす新しい奇跡を生み出しているわが軍人と人民に大きな力と勇気を与えるだろうとし、それを考えると胸がいっぱいになるほどうれしいと述べた。

金正恩元帥は、高山果樹総合農場の幹部と従業員が軍民共同作戦の威力によって農場を社会主義文明強国の体裁にふさわしい標準農場、世に誇るに足る果樹農場にいっそう立派に転変させ、果物の生産において毎年、新たな飛躍を起こしていくとの期待と確信を表明した。

朝鮮人民軍の黄炳瑞総政治局長(朝鮮人民軍次帥)、人民武力省の徐紅燦第1次官(陸軍上将)が同行した。

    関連記事