北朝鮮の大都市で行われている、完全に企業化された売春産業の一端が明らかになった。

貿易会社の職員として雇用された女性が、幹部や富裕層を相手に毎月5000元(約7万7千円)以上を稼ぎ出す。咸鏡北道(ハムギョンブクト)に住むデイリーNKの取材協力者A氏が伝えてきた生々しい内容を公開する。

A氏が実際に施設で売春を行っていた女性に取材した内容によると、この女性が働いていた清津(チョンジン)市内の施設の場合、マッサージ屋の看板を掲げて運営していたという。マッサージ代は80元(約1200円)。客が女性の場合にはそのままマッサージをするが、男性客は追加費用200元(約3100円)を払い、女性を買うシステムになっていた。先に行為に及んだ後で、マッサージを受けるとのことだ。

公開処刑も「何のその」

この施設で働く女性は10人ほどで、20代前半が8割を占めていた。