北朝鮮が5回目の核実験を強行したことに、米韓が武力示威で対抗しているが、それについて朝鮮中央通信が次のように食ってかかっている。以下は、14日付論評の公式訳である。

米国は、「北の息の根」を完全に止めるための高強度制裁をけん伝する一方、先制打撃のためのB1B核戦略爆撃機2機を13日、南朝鮮地域の上空に緊急出撃させた。(中略)

われわれに対する核先制打撃の機会をうかがう米国とかいらいの特大型の挑発策動によって、朝鮮半島は刻一刻爆発前夜の状態に直面している。

 こうした言葉は、基本的に金正恩氏のものであると理解して差し支えない。

    関連記事